大人の遠足でパワーチャージ 絶景編 ~行きあ旅ばっ旅~

jina

公開:

8 なるほど
725 VIEW
4 コメント

私には人生の先輩で憧れている女性がいます。

静岡県沼津市で活動されている Style AO代表 神宮優子さんです。生まれ育った沼津のよさを日本中に世界中に広めたいと地域活性化を常に考えて行動されています。

彼女はインドの伝統医学アーユルヴェーダの施術者で食の専門家でもあります。食と心身の健康を学べる「青の学校」で様々な講座も開講されています。

とにかく彼女が学んでいること、体験談、そしてご自身の夢や使命そしてキャリアへの思い、仕事への姿勢、いつも「この人のようにありたい」とお会いするたびにお話する度に学べて刺激をもらえる女性です。

今回はそんな憧れの存在AOさんと春の遠足に行ってきました~!

「私一個人」としてくつろげる場所、まさにAOさんとの時間や場所は私の『サードプレイス』です。

浮島(ふとう)海岸から燈明ヶ崎

AOさんを車でお迎えにあがります。

お会いして彼女から渡されたのがキンパ風の太巻き。料理上手な彼女は車でお出かけとなると何かしら料理を作ってくれます。私にだけしているのではなく、車を持っていないAOさんが運転される方への配慮としてやっているようです。

そうゆう「人」への気使いや「ひと手間」をとても自然にスマートにできる女性。しかも料理のスキルもあっぱれで格段に上手いのです。

チーズとアーモンドが入ったキンパのような太巻き。AOさん流のアレンジ満載。
心して実食。

私「(心の声)太巻きが国境を超えて韓国とコラボした味のインターナショナルや~」

さすがに私のバカげた心の声は才女AOさんにお伝えすることもできず「何が入ってるんですか、おいしいですね!!」と感謝をいたしました。

春の遠足といっても今回も行きあ旅ばっ旅。ゆる~く適当。どこに行きましょうかから始まり、絶景見たい、お花畑見たい、じゃあ西伊豆行ってみます?いいですよ~って感じで行き先決定。

太巻きをモグモグしながら、ベチャクチャと他愛もない話(それでも内容は将来の夢や展望のお話)をしながら沼津から1時間半ちょっとで絶景ポイント到着。

お目当ての海岸に着きました。浮島海岸(ふとうかいがん)と言うそうです。その海岸の先にウォーキングコースがあって絶景が見られるとのこと。

昔一度行ってキレイだったんだけど写真撮ってなくて~と言いつつ海岸名をはっきりと覚えているAOさん。一度行った場所やあった人のお名前、学んだ講座名や企業名、見聞きした情報をほとんど正確に覚えています。そうゆうところも本気でリスペクトしています。

浮島海岸をウォーキングコースから撮った1枚。曇でも美しい海です。
浮島海岸をウォーキングコースから撮った1枚。曇でも美しい海です。

嫁いだ先が靴屋だったこともあり、歩き方を知っているのかアップダウンのあるウォーキングコースを息も切らさず颯爽と上り下りする沼津美女。ヒールでもブーツでもいくらでも歩けるそうです。

さすが、アーユルヴェーダセラピスト、いつも元気いっぱい健康的。私より5才年上とは思えない健康美と体力をお持ちでいらっしゃいます。社会人のお子さんがいるようには全く見えない、私も5年後はAOさんのようにキレイでいたい!!といつも手本にしています。

 燈明ヶ崎・田子 | 南から来た火山の贈りもの 伊豆半島ジオパーク
izugeopark.org  
待って~~~、アラフィフとは思えない体力をお持ちの健康美女
待って~~~、アラフィフとは思えない体力をお持ちの健康美女
吉川晃司とモデルの(清原)AKIさんが大好きな私のロールモデル
吉川晃司とモデルの(清原)AKIさんが大好きな私のロールモデル

お目当ての岬に到着。

「めっちゃ、キレイ~~~~~~」
「やばい、絶景だ~~~~~~~」

二人とも美しい景色に圧倒されます。

AOさん高所恐怖症だそうで足場の悪い崖っぷちをヨロヨロと歩いています。この方完璧に見えても苦手もあるのね、そうねだって人間だもの・・・と私も笑顔。むしろ私は高所大好きで断崖絶壁でも全く平気。下手すれば調子こいて崖から落ちるタイプです。

崖OKの私がキャメラマンになり、沼津健康美女を撮影します。本当は360度の絶景だったのですが、カメラで表現するのって難しいのね。。次回訪れるまでに職場のカメラ好き先輩に構図とか海の撮り方とかレッスンしてもらおう。

Style AO代表 神宮優子氏 海が似合うアーユルヴェーダセラピスト
Style AO代表 神宮優子氏 海が似合うアーユルヴェーダセラピスト

浮島海岸駐車場

夏は海水浴場になりますよ、近隣に貸別荘や民宿もあります!

堂ヶ島瀬浜(せばま)海岸 三四郎のトンボロ

絶景ポイントの岬からは堂ヶ島もちらっと見えました。

干潮だと徒歩で島に渡れてしまうトンボロ現象。AOさんがせっかく来たので渡ってみたいと言うので堂ヶ島に向かいます。

島に渡るときは水に濡れることなくゴツゴツの石の上を歩いて渡りました。

渡った島で太巻きランチと乾杯。AOさんは缶チューハイ私はオールフリーです。

海と島と岸壁を観賞しつつ飲んで語らいながら、わずか15分~20分ほどでしたが戻ろうとした時には潮が満ちてきました。

私は靴が濡れるのはゴメンなので慎重に石をひとつひとつ飛び乗って戻っていきましたが途中片方の足を入水。マジか~と嘆いていた横でAOさんはジャブジャブとスニーカーで水の中に入り、貝をみつけては「すごい、貝がいっぱいだよー」と言って貝を拾って歩いていました。ゆる~い感じ。心の余裕と魂のレベルの違いを感じます。

カップルがいて彼女ははしゃいで満面の笑顔で足を濡らしながら島に渡ろうとしていました。この日のデートのために新調しました的なニューバランスを履いた彼氏は渡るのを見合わせています。AOさんはすかさずその男性に「わたりなよ~」と話しかけコミュニケーション。

カップルの様子を遠目に見ながら「いいカップルだね」と言って写真を撮っています。結局彼氏のスニーカーも水浸しになって戻ってきたカップルに「いい写真が撮れたよ~」とスマホで写真を見せながら話しかけます。

その後、駐車場に戻ろうとした時も貝拾いをしていたご年配の婦人にAOさんはさり気なくお声がけします。「生まれてこの方75年西伊豆に住んでいるの、膝を去年手術して貝拾いは大変だけどストレス解消になるので毎日来てるわ」とおっしゃったご婦人にAOさんは「お母さん、ありがとう、ぜひまたここで会いましょう。」とサヨナラをします。

AOさんのコミュニケーションの対象は老若男女どなたでもです。

AOさんの見知らぬひととのコミュニケーション能力はかなり高いです。どこでもいつでも誰とでも友達になってしまいます。それでいて馴れ馴れしくなく自然にさり気なく誰にでも気兼ねなく話しかけつつ、相手に合わせていい距離を保ってくれる技術をお持ちです。

AOさんの並々ならぬ人脈はこのナチュナルで何気ないコミュニケーションそしてこの心地よい距離感から生まれるんだなと実感。心のメモに・・・即メモ。

カップルの彼氏側に話しかける神宮優子氏
カップルの彼氏側に話しかける神宮優子氏
ハートの石みーつけた!
ハートの石みーつけた!

田んぼをつかった花畑

矢車草(ヤグルマギク)AOさんのイメージカラーは青。
矢車草(ヤグルマギク)AOさんのイメージカラーは青。

最終更新:

コメント(4

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • B

    baikinman

    ジャブジャブとスニーカーで海に入れる神宮さん、カッコいいです。
    私は。。。靴を脱いで入ると思います。
    魂のレベルがショボいです><

  • C

    cha_chan

    我が家はずっと山派でしたが、こちらの記事を見て海も魅力がいっぱいあることに気づきました。堂ヶ島瀬浜(せばま)海岸 三四郎のトンボロ現象がすごいですね!いつか渡ってみたいです。

  • P

    pamapama

    改めて、伊豆はいいですね~♪25年以上かかってトータルでは伊豆半島を一周したことがあると思っているのですが、通り過ぎたところがたくさんあるのでちゃんと印でもつけながら巡ってみたいです。老後に(^-^

  • A

    akaheru

    沼津にこんな景観が楽しめるスポットがあるのですね!

    静岡に通うようになり結構経ちますが、観光地らしい観光地をほとんど回っていないことに気が付きました。久しぶりに静岡横断旅行でもしたいです。