【5月15日】国際家族デーには「そのこ」を通して世界の家族を思いたい

Rinoue125R

公開:

2 なるほど
1,226 VIEW
0 コメント

5月15日が国連が制定した「国際家族デー」だとご存知の人はどれくらいいるのだろうか。国民運動と名乗るウェブサイトが、「日本ではあまりなじみがなく、盛り上がりに欠けています」と嘆くほどだから、知名度はそれほど高くないのかもしれない。しかし、だからといって、国際的な記念日だからもっと盛り上げようというのは筋が違うとも思うのだ。

国連が定めた国際家族デーに関するページを眺めていて、腑に落ちたことがある。それは、家族の日というのは、(極論だが)自分たちが所属する家族だけがよければいいという考えをそっくりそのまま裏返して、世界中が家族という思いに至るきっかけとする日、ということなのではないかということ。そう感じた根拠に具体的なものはない。ただ、いくつかのページを見て回りながら、「ちょっとこれは」と感じるところがあり、逆に、ちら見した時には家族というテーマからは少し離れているように思ったのになぜか引かれるページがあったり。その繰り返しの中で感じたこと。

世界中が家族、というたしかにちょっと臭いと感じるかもしれないが、それでも否定することもできない、忘れ物のような何かについて考えるのなら、こんなサイトをご覧になってみるのはいかがだろうか。

世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)が「国際家族デーに未来を考える」というタイトルで公開してるサイト。数年前のページだが、そこには谷川俊太郎さんが書き下ろした詩「そのこ」が、動画の絵本として公開されている。

https://youtube.com/devicesupport

YouTube

Uploaded on Nov 1, 2010

「そのこ」 詩・谷川俊太郎 絵・塚本やすし 歌・やもり(森山良子と矢野顕子)

★「そのこ」の未来キャンペーン 実施中 http://acejapan.org/sonoko/

この詩は、谷川俊太郎さんが、7歳の男の子の気持ちになって、児童労働を伝えるために­書き下ろしてくださった詩です。

制作:認定NPO法人ACE(エース)
ACE(エース)は、世界の子どもを児童労働から守るため、1997年から活動してい­る国際協力NGOです。 http://acejapan.org/

●映像制作協力:
 塚本やすしイラスト・デザイン事務所
 電通ソーシャル・デザイン・エンジン
 TYO Inc. Camp KAZ division 
 LET IT BE Inc.

 特定非営利活動法人エース - YouTube
www.youtube.com  
 児童労働のない未来へキャンペーン 子どものしあわせリンクプロジェクト | 特定非営利活動法人ACE 法人化5周年・認定NPO記念事業
acejapan.org  

5月15日は「国際家族デー」。家族でこの動画を見て何かを感じることもまた、国際家族デーの意義ある過ごし方かもしれないと提案させていただきたい。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン