1-5.事実、他にはない魅力を持つ人が稼いでいる

ockn1006

公開:

1 なるほど
1,013 VIEW
0 コメント
 (前記事)1-4.文章が上手であるに越したことはないが、文章のウマヘタよりも大事なことがある のつづき
potaru.com

2000年代に入り、SNSやブログが次々に盛り上がっています。

僕自身、ライターとしてはわずか1年のキャリアに過ぎません。ただ、かつてはSNS「mixi」にて、そこそこの頻度で日記を書いていました。たかが日記、されど日記。1年とは言え、ライターをなんとか続けられているのは、そこそこの頻度で書いていた日記のおかげかも知れません。

今や、誰であろうと文章を書くことができ、それを発表できる場が整いつつあります。

ブログの女王にシビレる

僕の好きな芸能人の一人に眞鍋かをりさんがいます。なんと言っても、グラビア時代の健康的な水着姿が印象的で……ではなく、惹かれたのは彼女のブログ『眞鍋かをりのココだけの話』。とにかく面白かったのです。

『眞鍋かをりのココだけの話』

『眞鍋かをりのココだけの話』

www.amazon.co.jp

面白いといっても、発言ひとつひとつが爆笑!というわけではなく、タレントのタレントならではの日常を、自分の言葉で書いていたことでしょうか。2004年ごろ、まだ“ブログ”というものが世に出始めたころで、芸能人を身近に感じられるブログの先駆けだった気がします。

ブログはたちまち有名になり、出版したブログ本は20万部のベストセラー。彼女はいつしか「ブログの女王」なんて呼ばれていました。(あれから間もなく10年経つんですねェ……)

それにしても20万部ですよ……。

印税を考えれば、少なく見積もっても数千万はカタそうです。良いなぁ。

ブログですから、その人のありのままの言葉遣いです。彼女の本業はタレント業ですから、おそらくブログは趣味の範囲だったのでしょう。しかし、文章力以上の魅力があったからこそ売れ、そして稼いだことに他なりません。

当時高校生だった僕も、シビレたものです。

文章力以上の魅力を持ち、稼ぐ

彼女は芸能人だから特別?

いやいや、僕も昔はそう思っていたのですが、どうやらそうでもなさそうです。例えば、ふとたどり着いたブログやWEB記事が、異常なまでの閲覧数を稼いでいることってありますよね。

ちょっと有名なもので言えば、『秘境駅へ行こう!』という個人運営のサイト。管理人である「さすらいのうっしー氏」が、サラリーマン業の傍ら日本全国の秘境駅を旅し、その旅をレポートにまとめたサイトです。

秘境駅レポートは、独自の指標で採点されたランキング形式で見ることができ、そのわかりやすさと面白さから、鉄道ファンのみならず幅広いメディアで注目されました。結果、「秘境駅」という言葉が広く知れ渡るようになり、趣味の範囲で続けていたサイトの管理人には、出版のオファーが多数舞い込んだそうです。

文章力以上の魅力を持ち、稼いだ人の好例と言えるでしょう。

もちろん、稼ぐブログやWEB記事の中には、「カンタンに稼げるノウハウ」のような一見おいしそうな話や、テクニック的な部分でSEO対策がしっかりしているものもあると思います。

しかし、

【“文章力以上の魅力を持ち、面白い人”が、かなりの数で存在している】

とも思います。

誰だって、そういう人の話は聴いてみたいですよね。もし多少文章が拙かったとしても、そんなことは気にならないはずです。そういった人たちの文章には付加価値があり、だからこそ稼げてしまうのでしょう。(もちろん、面白さの感じ方は人それぞれだと思いますが)



……では!彼らと肩を並べるにはどうすべきでしょうか。良い例がいっぱいあるはずなのに、自分に当てはめて考えると迷走しちゃうんですよね、これが……。

いやー、文章ってムツカシイ!

秘境駅へ行こう!
 秘境駅へ行こう!
hp1.cyberstation.ne.jp  

サラリーマン業の傍ら日本全国の秘境駅を旅する「さすらいのうっしー」氏のサイト。元々は個人運営の趣味のサイトだったそうだが、次第に話題を集め、幅広く注目されるようになった。

(おわり)

関連記事

 1.そもそもライターってナンだ!?【素人ライターの備忘録】
potaru.com
 【素人ライターの備忘録】素人なのにライターになってしまった、自分のための教科書
potaru.com

目次ページに戻るねん。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン