日本で唯一!「ケンタッキー食べ放題」に行ってきた【思い付き体験記】

ockn1006

公開:

2 なるほど
4,804 VIEW
0 コメント
みんな大好きケンタッキー

みんな大好きケンタッキー

ja.wikipedia.org

ケンタッキーに食べ放題があるってご存知でした?

実は大阪にたった1店舗だけ!
【食べ放題】を行っている店があるのです。

関西出身であり、大のケンタッキー党の僕ではありますが、実はこのケンタッキー食べ放題には行ったことがありませんでした。

食べ放題に行こう

ある程度大人になり、関西出身以外の人たちと関わる機会も増えました。しかし、関西人というのは勝手にハードルを上げられてしまうものです。


■よく言われるし返事に困る
「えー関西出身なの?じゃあ何か面白いこと言って!」

■たまに言われてイラッとする
「関西人ってさー、マクドナルドをマクドって言うんでしょ。じゃあビッグマックもビッグマクドって言えばいいじゃん!」

■これも実話
「えっ、関西人なのにケンタッキーの食べ放題行ったことがないの!?」


これは見過ごせない問題です。
関西人であり、ケンタッキー党を名乗る以上、そろそろゴマカシは効きません。

「せめてケンタッキーの食べ放題を経験しておかねば!」

こうして僕は、ケンタッキーの食べ放題に行くことを決意したのです。

大阪府箕面市、ケンタッキー小野原店

全国で唯一、ケンタッキーの食べ放題を行っている店がこちら!

小野原店 | ケンタッキーフライドチキン 店舗検索
 小野原店 | ケンタッキーフライドチキン 店舗検索
pshop.kfc.co.jp  

ケンタッキーフライドチキン小野原店の店舗情報!
食べ放題である「カーネルバフェ」に「あり」と書かれているのはこのお店だけなのです。

大阪府箕面市にある、ケンタッキー小野原店です。

大阪と言っても、梅田のような中心地からは離れた国道沿いで、自動車以外の交通機関ならば、電車とバスを何度か乗り換えなくてはならないほどです。そんな場所で、【全国で唯一の食べ放題】という画期的な取り組みが行われているのだから、面白いもんです。

では行ってみよう!

さて、アクセスですが、阪急石橋駅から阪急バスに乗り、そのまま小野原停留所を目指します。ターミナルである阪急梅田駅からだと、乗り換えにバス待ちにと1時間くらい掛かりました。意外と遠いですね。。

いやいや、ちょっと遠いくらいの方がお腹が空いて良いってなもんです!

阪急石橋駅近くのバス停
阪急石橋駅近くのバス停
阪急バス小野原停留所、マクドとヨシギューの向こうにケンタッキー小野原店があります
阪急バス小野原停留所、マクドとヨシギューの向こうにケンタッキー小野原店があります

で、小野原停留所に着きました!ここは国道171号線沿い。地元民からは「イナイチ」と呼ばれて親しまれております。マクドとヨシギューが見えるけど、今日の目的地はそこちゃうねん。堪忍な。

「さーて、ケンタッキーはどーこだ」

と、スマホの地図アプリを起動するまでもなく見つけちゃいましたよ。お馴染みの看板、目立っております。

しかし、この看板は全国どのケンタッキーを見渡してもココだけなんですね!

【フライドチキン食べ放題!!カーネルバフェ実施中】

いやー、ケンタッキー党からすれば、この看板にワクワクせずにはいられません!

「フライドチキン食べ放題!!」の看板
「フライドチキン食べ放題!!」の看板
旗も立っています
旗も立っています

というワケで早速、入店しちゃいました!

カーネルバフェ専用の案内表があります。大人一人1,290円。通常のチキンであれば6本食べて元が取れます。これを安いとするかどうかは自分次第なワケですね。

(もちろんチキン以外も食べられますが・・・)

店員「通常メニューにしますか?食べ放題にし・・・」

僕「食べ放題で(即答)」

やー、このやりとりもこのお店限定なのですね。。(この後もしつこいくらいに感動します)

お店の外観、普通のケンタッキーと変わりません
お店の外観、普通のケンタッキーと変わりません
食べ放題の案内
食べ放題の案内

食べ物を取るプレート、骨を入れるボウル、大きめの丼、それにジュース用のコップが渡されました。制限時間は60分。「○時までに終えてください」という紙が渡されます。

「よし、たくさん食べよう」

僕が気合を入れた、その時!

「俺はこの皿の上にチキンと夢を詰めるから」

たまたま横に居た男性が明言を吐きました!

・・・そうです。ケンタッキー党にとって、これはある意味夢かもしれません。ケンタッキーを普通に食べれば一食1,000円以上はザラです。決して安い外食ではないのです。ケンタッキーを食べたいのに、財布と相談したことがある。そんな人もいるのではないでしょうか。

今回だって1,290円という値段はします。しかし、どれだけ食べても1,290円なのです。こんな素敵なことがあるでしょうか。

食べ放題にすると渡されます
食べ放題にすると渡されます
制限時間を書いた紙が渡されます
制限時間を書いた紙が渡されます

バイキングコーナーは・・・

さて、お待ちかね!

食べ放題コーナーを見てみると、お馴染みのビスケット、チキンナゲット、パクチキ(ピリ辛のウィング)、パスタとあります。

通常のケンタッキーではパスタはメニューにありません。それだけのことで、パスタが輝かしく見えてきます。まずはそれぞれ少しずつ、プレートの上に乗せていきます。

「Buffet Corner(バフェコーナー)」と書いてあります。バフェとは「食べ放題の形で提供される飲食サービス」のこと
「Buffet Corner(バフェコーナー)」と書いてあります。バフェとは「食べ放題の形で提供される飲食サービス」のこと
パスタは他のお店では見かけませんね!
パスタは他のお店では見かけませんね!

次に、人気のクリスピーとフライドポテトがありました。

驚いたのはポテト用にスパイスがズラリ並べられていること!ポテトにスパイスを掛ける「フリフリポテト」は通常320円の価格設定です。このフリフリポテトはつい食べたくなってしまうのですが、値段が値段だけに我慢することも多いんです。ありがてぇ。ありがてぇ。

味は「ジャガバター」「バーベキュー」「コンソメ」のほか、食塩にケチャップなどありました。

クリスピーとポテト、どちらも人気ですね
クリスピーとポテト、どちらも人気ですね
ポテト用のスパイスがずらり、どうでも良いですが僕はジャガバター派です
ポテト用のスパイスがずらり、どうでも良いですが僕はジャガバター派です

こんなにジャンキーな物ばっかり食べて大丈夫なの?

ケンタッキー党の僕でさえ、少し不安になってしまいます。そんなときに有り難い存在なのが野菜!ちゃんと揃っていました。

僕は日ごろ野菜中心の食生活を送っているくせに、外食をするとなれば、すぐケンタッキーを考えてしまう矛盾した好みを持っています。でもやっぱり身体のためにも野菜は食べておきたいワケです。意外とこの野菜が大事なんです。しっかり盛っておきましょう!

他に、フルーツポンチやスイートコーンなどもありました。

野菜など、肉ばかりじゃキツいですからね!
野菜など、肉ばかりじゃキツいですからね!
いろいろありますねぇ~
いろいろありますねぇ~

そして、さらに驚いたのは炊飯器の存在!

なんとご飯です。ライスです。ケンタッキーに米があるなんて!

「たしかに、人によっては食べたいのかも知れないな」

そう思っていると・・・、

【クリスピー丼】

という提案が!クリスピーチキンをご飯に乗せ、甘辛だれと海苔を振って食べる・・・らしい。なるほど、それで大きめの丼が渡されたのか・・・。

そして確かにこれ、食べてみたい・・・。

なんと炊飯器!「白ごはん」と書いてあります
なんと炊飯器!「白ごはん」と書いてあります
その白ごはんの上にクリスピーを乗せて・・・!!
その白ごはんの上にクリスピーを乗せて・・・!!

このほか、フリードリンクとして、ジュース飲み放題、オニオンスープ、カレースープ、コーンポタージュがありました。

う~ん、色々揃えていますねぇ。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン