宮古島 - ビーチの王道!動いてナンボのスポーツアイランド(沖縄・宮古列島)

shima

公開:

2 なるほど
7,537 VIEW
0 コメント

まさに海尽くしの島

 島を巡っていると、島好き同士で話す「どこに行った」「次どこに行きたい」という話題は定番中の定番。それぞれこだわりの景色や出会い、かけがえのない思い出があったりするものです。そんな島好きが好みの島を見抜く際、重要な評価項目となるのが「海」です。そう、島好きは得てして海好きでもあるのです。 そんな海好きの心を射抜くのが宮古列島。その中心の島が宮古島です。宮古島は沖縄本島と八重山諸島のおよそ中間に位置する、沖縄では4番目の大きさの島。周辺離島も含め、すべて浅い海底に発達したサンゴ礁が隆起して誕生しました。どの島も山や川を持たず、海が汚れないため、珊瑚の発達した周辺の海域は圧倒的な美しさを誇ります。

 さて、そんな宮古島ですから、海で泳がないわけにはいきません。3月には海開きが行われ、海水浴はもちろん、ダイビングやシュノーケリング目的の観光客で賑わいます。 人気は与那覇前浜に代表される西側のビーチ群!まさに「南国リゾート」。人を選ばない美しさに間違いなく魅了されます。海水浴やジェットスキーは本当に良い気持ち!!ホテルや民宿も多く、気軽に楽しむことができます。

 西側が砂浜と海の青の鮮やかさで魅せるビーチなら、東側は複雑な色合いで魅せるカラフルな海でしょうか。こちらはサンゴ礁や岩場が広がる男性的な海が魅力!何百種類にも及ぶサンゴの色や魚の色はいつまで見ていても飽きません。ダイビングやシュノーケルが楽しめる玄人好みの海が広がります!! 宮古島と言えば身体を動かしてナンボです!海のほかにも、季節に沿ったスポーツイベントも豊富で「スポーツアイランド」という異名を持つほど。各種スポーツにも大注目!訪れる楽しさも倍増しますよっ!

宮古島の見どころ

「旧平良市」地区・・・宮古島北部「旧下地町」地区・・・宮古島南西部

「旧上野村」地区・・・宮古島南中部「旧城辺町」地区・・・宮古島南東部

景色を楽しむ(海を堪能する!)

西平安名崎(にしへんなざき)(旧平良市)(場所)

宮古島の北端であり、西端でもあるのがこの西平安名崎です。海がきれいな宮古島。そんな島の岬には、広がる青空と風車が似合います。対岸には池間島が見え、時折池間大橋を行き交う車も。

見方によっては時計の針にも見えるような宮古島の北部。まるで時間が止まっているかのような、島ならではのスロータイムがここにあります。ただ、ここ最近は数年に一度のペースで風車が台風によって破壊されているようです。負けるな風車!

ちなみに西平安名崎は「いりへんなざき」とも呼びます。(参考記事)

砂山ビーチ(旧平良市)(場所)

平良港から車で15分程度と近く、観光客にも人気の砂山ビーチです。このビーチのニクいところは、たどり着く前に白砂の丘を越える必要があるところ!宮古島に着いて、最初にここに来る人も多いはず。しかし、美しいビーチと言えど、簡単にその姿を見せてはくれません。そうして少し苦労して小さな上り坂を進んだ先に、ようやく砂山ビーチが見えてくるのです!!白い砂浜と透き通ったビーチは海水浴に最適!!家族やカップルで楽しめます。

そしてこのビーチの一番のポイントは、海に向かって左手にある洞窟!!巨大な岩にトンネルのような大きな穴は圧巻で、思わず中をくぐってしまいそう。穏やかなビーチとの対比も素敵です。

パイナガマビーチ(旧平良市)(場所)

港から最も近いビーチ。市街地から歩いて5分程度の憩いの場です。このビーチの素晴らしい点は、この市街地からの近さと西の方向に面しているところ!右手に伊良部島、左手は果てしなく続く海、そしてエメラルドブルーの海をゆらゆらと赤く染める夕陽。誘い合わせなくとも、夕方になれば引き寄せられるように人が集まります。思いっきり遊んで疲れたら、ここへ。

与那覇湾サニツ浜(旧下地町)(場所)

干潮時になると、砂地の干潟が700haに渡って出現するサニツ浜。遠浅の浜でエビやカニがたくさん見られます。2012年8月にラムサール条約登録湿地となりました。ここでは夏になると、干潟の祭典「サニツ浜カーニバル」というスポーツ大会が行われます。会場はもちろんこの700haの干潟!!不安定な足場で行うスポーツは、いつもと勝手が違うせいか余計に白熱します。ミスをしてもなんだか許してもらえそう!?

バレーにサッカー、ドッヂボール、乗馬に相撲に10人11脚などなど!!さすがは「スポーツアイランド」を自称する宮古島といったところでしょうか。一般参加もOKのため、島外の猛者も毎年予定を合わせて参加するとか。

与那覇前浜ビーチ(旧下地町)(場所)

誰もが「見るだけで癒される」「これほど綺麗な砂浜は見たことが無い」と口を揃える与那覇前浜ビーチ。それもそのはず、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「日本のビーチTOP20」において、2010~2011年と2年連続で1位に輝いた国内屈指の超人気ビーチです!!そこにあるのは東洋一と言われる紺碧の海と、パウダーサンドのさらさらの白い砂浜。あとは対岸に来間島が見えるだけで他に何もありません。しかしそのすべてが極上で王道。人気も頷けます。CMやグラビアの撮影なんかも、ここで行えば3割増でイケるかも!?

この周辺はサンゴ礁が無いので、海水浴のほか、ジェットスキーやボートで賑わっています。

イムギャーマリンガーデン(旧城辺町)(場所)

美しい宮古島の海も東へ進むにつれ、変化が見え始めます。ところどころ目立ち始める岩場に、美しく広がるサンゴ礁。シュノーケリングに最適で熱帯魚もたくさん見られます。近くの遊歩道やその先の展望台からは美しい海が眺められ、散策にも最適です!

七又海岸(旧城辺町)(場所)

白い砂浜のビーチは別方向の美しさを誇る七又海岸。切り立った崖は豪快で波の荒々しさを感じることができます。イムギャーマリンガーデンからこの付近の海域は初心者向けのダイビングスポットとしても人気。海に潜ればまた違う、色鮮やかな世界が広がります。崖の下にはムイガーと呼ばれる湧き水があり、周辺には貴重な遺跡が残っているとか。こんな豪快な崖の下の湧き水です。飲むと体力がみなぎりそうですね。ビーチが癒しのスポットなら、ここはみなぎるパワースポットといったところでしょうか。

東平安名崎公園(旧城辺町)(場所)

宮古島東端の展望公園。透明な海の水面にぽこぽこと顔を出す岩礁は、まるで松島(東北)の海のようにも見えます。そしてその先にあるのが平安名崎灯台。日本の灯台50選にも選ばれている。由緒ある灯台です。しかし西平安名崎の風車といい、東平安名崎の灯台といい、岬と空と白い建物は何でこんなに相性が良いんでしょうか。つい同じように端に立って風に吹かれたくなるような、そんな場所です。

吉野海岸(旧城辺町)(場所)

海岸の波打ち際まで珊瑚礁が近づいて広がる珍しい海岸!波も穏やかでシュノーケリングに最適な場所です。満潮になるとクマノミなどの熱帯魚もちらほら。また、ウミガメの産卵地としても有名で、何かと見どころも満載だったりします。

景色を楽しむ(海以外)

もちろん海以外にも見どころはあります。むしろ、海以外を知ってこそ、宮古島をより深く好きになれるはずです!!例えばよく言われるのが、のんびりしていると言われる沖縄の中でも「宮古島は特にのんびりしている」という話。中でも「車の運転は本島や八重山諸島よりものんびり」だとよく聞きます。そんな「のんびり」もこの島では大切。海ではしゃいで疲れたら、のんびり歩いてみましょう。生活感のある宮古島、いわゆる素の部分に触れてみるのも、気分が和らいで癒されるはずです。

島尻マングローブ林(旧平良市)(場所)

宮古列島の中では最大規模の群落を形成するマングローブ林です。海の印象が強い宮古列島ですが、このようなマングローブの密林も南国の姿。周囲を緑に囲まれると、ここは亜熱帯の島だと改めて感じるのではないでしょうか。木々の香りが鼻をくすぐります。

人頭税石(旧平良市)(場所)

かつて琉球王府が、島民に課していた重い税制・人頭税を今に伝える石です。高さ143cm。並んでみると石が少し低くなるはずです。この石より背が高い15~50歳の島民は、税の納付が義務付けられるとされていました。(実際は慎重に関係なく15歳以上に課税義務)財政的に困窮していた琉球王府が課したその税はあまりにも重く、島民は主に粟や反物など必死につくり納付したとされています。1903年(明治36年)に廃止されるまで266年続きました。その時代に生きた人々は背が伸びるにつれ、人頭税石を見てどう感じたのでしょうか。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン