【今週の一冊】怖い絵 死と乙女篇_中野 京子

Vermeer

公開:

2 なるほど
828 VIEW
0 コメント

この違和感は正しい?

『怖い絵』のシリーズ2冊目です。

完全にこの本にハマってしまいました。

「綺麗だけどなんだかちょっと違和感が・・・。」と心の片隅で感じていた絵画。

その感覚は間違っていなかったんだと納得してしまう内容です。

ヴィーナスの誕生 - Wikipedia
 ヴィーナスの誕生 - Wikipedia
ja.wikipedia.org  

サンドロ・ボッティチェッリの『ヴィーナスの誕生』。

この絵では、ヴィーナスが少々影のある表情で立っています。

ギリシャ神話の愛と美の女神なので美しいことは間違いありませんが、この表情を不思議に思っていました。

この本ではヴィーナスの生い立ちについて書かれています。

ヴィーナスは息子に殺された父親の体の一部が海に捨てられて、泡となって生まれたそうです。

そんな背景があると、ただ美しくだけ微笑んでいられませんね・・・。

背景を知るともっと絵画が面白くなります。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン