Googleチャーハン

monomoney

公開:

1 なるほど
1,540 VIEW
0 コメント

自前の食べ物写真でGoogle画像検索をしてみようというシリーズ。今回は「チャーハン」です。

横浜にある有名中華料理人のお店で(値段にビビって本格的なものが頼めず)食べたチャーハンはさすがにおいしかったですが、「なんか違う」というか、筆者にはやっぱり「町中華」のチャーハンがしっくりきて大好きです。

それではさっそくGoogleチャーハンを実行してみましょう。1軒目はこちら。

祈・復活

筆者が現時点でいちばん好きなチャーハンは三島市西本町「東京食堂」さんのもの。味付けしっかり、ガシガシ炒めてあってなかなか冷めないチャーハンは最高なのですが、いまはご主人のケガにより長期休業中…。

ぜひまたあの味を楽しみたいので、復活の時を気長に待ちます。

ちなみに最近のこのシリーズをちょっと振り返ると「家系ラーメン」の写真で画像検索したら2回連続で「韓国海苔」と判定されました。

さらに「カレーライス」見せたら「白米」と答えるという「どこ見てんだよ」な結果が続いているので、Google先生の具合が心配です。さて、上の写真でGoogleチャーハンを実行してみると…

「揚州チャーハン」と出ました。いいじゃないですか。

”揚州チャーハンは、チャーハンの一種。さまざまな具材が入っており、日本でいう五目チャーハンはこれにそっくりである”

とありますね。ちょっと強めなご飯の色やネギの緑に五目っぽさを見たのでしょうか。でもちゃんとチャーハンと判定されています。よしよし、じゃあ次に行ってみましょう。

中沢田交差点を曲がる

お次は沼津の老舗「春来軒」のチャーハン。

昔は赤く太い縁があって店名が記された器だったと思います。最近この器に変わったのかな?でも味は以前のままです。

やはり昔ながらの味わいを楽しめるラーメンと共に地元の人々から愛されており、昼時はお客さんがひっきりなしに訪れます。さあ、この写真だとどうでしょう?

またしても「揚州チャーハン」です。いいですねー。

ただ、こちら優しい色合いのいかにもオーソドックスなチャーハンだと思うのですが、Google先生はここでも「五目」寄りな判定ですね。

となると単に「チャーハン」と判定されるチャーハンはあるのか、あるとしたらどんなものなのか、気になります。

ということでお次は「さらに優しい色合い」のチャーハンです、こちら。

こちら昨年まで三島市芝本町にあった老舗「宮福食堂」さん。残念ながらおよそ50年の歴史に幕を下ろしてしまいましたが、わたしの理想に近いこのチャーハンと、スープに脂がほとんど浮いていない優しいラーメンが大好きでした。

さあ、この写真ではどうでしょうか?

「ラーメン」って!

いままでさんざん「ラーメンの写真をラーメンと判定してくれなかった」クセに、チャーハンと一緒にスープが写っているだけでまさかのラーメン判定。やっぱりGoogle先生はとんちんかんでした。

さて、最後の1軒も老舗へ行きましょう。

三島広小路の笑栄通りにある「幸華」さんのチャーハン。こちらも古くからのお店です。

「おわん型」からあふれたまわりのごはんにお得感がありますね。上にちらっと食べかけの姿が写っているシュウマイも人気です。

てっぺんに乗っかっているエビとグリーンピース、錦糸卵には「五目」感がありますし、写真右にはスープが写っています。

つまりここまでの流れだと「揚州」および「ラーメン」というキーワードがチラつくところですが、これをGoogle先生はどう見るのでしょうか。はいこちら!

「飯(めし)」!

分類もそうだけど言葉として雑!!

まあ面白いですけど、なんかGoogle先生にからかわれてる気がしてきました(+_+)

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン