【今週の一冊】自分の小さな「箱」から脱出する方法_アービンジャー インスティチュート

Vermeer

公開:

3 なるほど
583 VIEW
0 コメント
 自分の小さな「箱」から脱出する方法
www.amazon.co.jp  

自分が「箱」に入っているか疑ってみる

人間関係のトラブルは、自分が「箱の中」にいる状態だから起きているそう。

この本では、「箱の中に入っている状態」を自己欺瞞(じこぎまん)と呼んでいます。

自分で自分の心をあざむくこと。自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理に正当化すること。自欺 (じき) 。

じこぎまん【自己欺瞞】の意味 - goo国語辞書

箱に入っていると、自分を正当化した視点で周りを見て、周りを責め、自分が被害者になったような気持ちになります。

原因を外に向けることで、コミュニケーションが取れなくなり、本来の目的も遂行されなくなってしまうのだそう。

ではどうやって、箱の外に出るかというと、相手を自分と同様の尊重されるべき一人の人間とみること。

この本を読んで、自分にばかり目を向けていると、不満もたまるし、うまくコミュニケーションが取れないのだと理解しました。

ストーリー仕立てで、身近な事例を挙げながら説明がされており、どんどん読み進められます。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン