【復興支援ツアー2015】防災を学び伝える旅 by kozaitsu

kozaitsu

公開:

1 なるほど
1,675 VIEW
2 コメント

あれから早5年。復興についての報道もめっきり減り現地の状況も入りにくくなりました。
1年半前に石巻訪れた、女川、雄勝の復興状況はどうなっているのか?facebookなどでチェックしていますが現地の情報は数少なく、実際の復興はどうなのか非常に気になっています。

 さて今回防災の旅を企画するにあたり、今被災地で行われている最先端の防災を学ぶとともに先人の防災に対する知恵を学び、周りの人に伝えることを目的としました。
2泊3日で北上から女川を駆け抜ける予定です。訪問する予定の最終日は4月11日にあたり震災から5年1か月目になります。
その日にはできるだけ多くの被災地を訪れ土地の人に声をかけお話をお伺いできればと思っています。

まず初日は花巻で宮沢賢治の足跡をたどり、遠野の河原で河童にきゅうりの差し入れをし、座敷童に復興をお祈りしながら早春の東北を満喫します。
季節はまだはやいかもしれませんが桜がが開花する時期なので、早春の東北の魅力をお伝え出来そうです。

2日目はレンタカーで海沿いを南下します。
釜石から気仙沼、陸前高田、そして南三陸町で一泊の予定です。
陸前高田や気仙沼は現在どのような防災対策を施しているのか、また将来どのようなまちづくりをしていくのかを事前に下調べしながら確認する予定です。

最終日では語り部ツアーに参加し、以前訪れた石巻、雄勝、大川小周辺を献花をしながら復興の現状を視察します。
女川では以前セラミカ工房さんでデザインをお手伝いをさせていただいきましたので、その看板が設置されている店舗をめぐりどのように役立っているか確認します。

今回の旅の最終目的は防災だけでなく免災も同時に学ぶことで、災害をかわす技術や知恵をこちらで紹介できるよう訪問前に勉強しながら確認をしていきます。
また早春の東北の魅力を発掘しデザイナーならではの防災の旅のレポートをお伝えできたらと思います。

メンバー
・デザイナー  デザインで復興支援を目指すWEBデザイナー。
         被災地の防災についての知恵を収集しデザイナーなりの拡散方法を模索中。
・ワーキングママ 地域の小さなボランティアに頻繁に参加するおせっかいママ

日程

日程・旅費 
【1日目】2016年4月9日
三島→北上
北上→花巻→遠野→
遠野 語り部ツアーと博物館訪問
花巻 イギリス海岸訪問と宮沢賢治記念館訪問
釜石宿泊

【2日目】4月10日
釜石→陸前高田→気仙沼→南三陸
気仙沼 仮設復興商店街訪問
陸前高田 一本松訪問
語り部ツアー参加(90分)
釜石宿泊

【3日目】4月11日
ホテルの語り部ツアー(60分)
南三陸女川→石巻
セラミカ工房さん訪問 大川小、雄勝めぐり
石巻訪問
石巻→仙台→三島

費用

◎交通費
【新幹線】
○三島→北上(東京駅経由こだま・はやぶさ利用)
@17,230x2=34,460

○仙台→三島(東京駅経由はやぶさ・こだま利用)
@14,550x2=29,100

【電車】
○石巻→仙台(仙石線利用)
@840×2=1,680

【レンタカー】
○北上→石巻乗り捨て
@27,831
○ガソリン代
@10,000

【食費】
○昼食
(1,500×3)×2=9,000
○夕食
(3500×2)×2=14,000

◎宿泊代
○フォルクローロ三陸釜石
@¥10,722x2=21,444

○南三陸 ホテル観洋
@15,500×2=31,000


【その他】
○遠野語り部+遠野市博物館
@930×2=1,860

○宮沢賢治記念館
@350×2=700

○語り部ツアー参加(90分)
@3,000×2=6,000


内訳
---------------
交通費 103,071
食費  23,000
宿泊代 52,444
その他  8,560
---------------
合計  187,075

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • J

    jp21fukkou

    いってらっしゃい!
    セラミカ工房さんとの再会、楽しみですね。

    • K

      kozaitsu

      セラミカさんは店舗を新しくしているみたいで開店祝いも兼ねての訪問になります。とても楽しみです!ありがとうございました!