那須野公美さんの連載コラム

iRyota25

公開:

0 なるほど
3,931 VIEW
0 コメント

9回にわたる連載がついにラストを迎えました。たくさんの方がたから応援の声をいただきました。ありがとうございます。石巻で新たな生活をスタートさせた那須野さんたち。この先に、どんな未来を描いているのでしょう……。

はじけるような那須野さんの笑顔の後ろには、辛い現実も。だけど彼女はくじけない。その笑顔の意味を読み取ってください。

続編のご希望、じゃんじゃんお寄せください!
お待ちしております!

つつじ野 第1回「ひらめき」
 つつじ野 第1回「ひらめき」
potaru.com

子供の頃から好奇心旺盛だった私は、ピンと来るものがあると先ずやってみたい!と飛びつきます。悩むくらいならやってみる。もちろん多少失敗も…

つつじ野 第2回「震災体験-1」
 つつじ野 第2回「震災体験-1」
potaru.com

総勢9名の大家族です。玄関を開けば目の前に広がる海。潮の香りと船の音をいつもそばに感じながらの生活は楽しいの一言でした。

つつじ野 第3回「震災体験-2」
 つつじ野 第3回「震災体験-2」
potaru.com

地震直後、三陸道・石巻河南インターを下りると辺り一帯は既に大渋滞。…何十回とリダイヤルした主人の携帯に初めてやっと繋がり…

つつじ野 第4回「震災体験-3」
 つつじ野 第4回「震災体験-3」
potaru.com

主人は生きていました。海と化した会社近くの建物の屋根の上で、吹雪の中滑り落ちまいと必死に耐えていました…

つつじ野 第5回「震災体験-4」
 つつじ野 第5回「震災体験-4」
potaru.com

「なにこれ…?」ガクガクと震える体から、この一語を絞り出すのがやっとでした。爆弾でも落されたの? 津波なんでしょ? なんでこんなに…

つつじ野 第6回「女川への思い」
 つつじ野 第6回「女川への思い」
potaru.com

息子の言葉には女川で生まれ育った六年間の充実した思いが凝縮されている気がします。だから、やっぱり女川が気になるし、恋しくなる…

つつじ野 第7回「性格真逆夫婦」
 つつじ野 第7回「性格真逆夫婦」
potaru.com

失敗し凹んで帰って来ることもありますが、…そんな主人を尊敬しているし一番に応援したい! 性格真逆夫婦の奮闘はこれからもずっと続くのです。

つつじ野 第8回「夢」
 つつじ野 第8回「夢」
potaru.com

すると長男は「お母さん、災害の夢は良いことが起こる前兆なんだってよ」と。それを聞いた途端さっきまでの憂鬱が消え、気持ちが軽くなってしまいました。息子に助けられました…

つつじ野 第9回「未来へ向けて」
 つつじ野 第9回「未来へ向けて」
potaru.com

そして大切な家族・親類との間にはどんな素敵な出来事が起こり運命を共にするのか?なんだか映画の予告篇みたいでワクワクしている自分が今ここにいます。

つつじ野 再掲載について

震災前、一家9人の大家族で女川町に暮らしてきた那須野さんはあの日、石巻市郊外で経験したことのない揺れに見舞われます。地震の直後、急ぎご主人の勤務先へと走りますが、国道にかかる歩道橋にのぼった時には津波は目前に迫っていました…。

「つつじ野」は、宮城県石巻地域の新聞「石巻かほく」の連載コラムです。このコーナーに2013年6月から毎週1回、石巻在住の那須野公美さんのコラムが掲載されました。

大震災を生き抜き、生活を建て直し、未来へ向かう姿が克明に描かれます。仕事をめぐるご主人の決断。息子さんのふる里への言葉。これは震災を乗り越えようとする家族の物語です。

たくさんの方にお読みいただくため、掲載原稿に大幅に加筆したものを再アップしていただいています。ぽたるページへの公開は毎週木曜日。他人事ではないリアルな現実を那須野さんの言葉から感じ取ってください。

最後に、毎回掲載してきたひまわりの写真ですが、これは2012年1月に亡くなったおっぴちゃん(私から見るとお祖母さん)が植えたひまわりです。植えた本人が居ないのに、夏におっきくおっきく咲いて…。「ほれ!がんばれよ~!」って、いつも見守ってくれています。

 ▲「復興支援ベース」に戻る
potaru.com

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン