漆塗 粉貝箸を作ってみた!

baikinman

公開:

6 なるほど
2,192 VIEW
0 コメント

息子がついに小学校を卒業。
大好きな担任の先生に何かを贈りたい!
ということで、何か使ってもらえるものをプレゼントすることに決めました。

調べてみると、駿府匠宿でいろいろ作れることを発見!!
「どうせなら毎日使えるものがいいよね!」ということで、箸作りに決定!

漆塗 粉貝箸 – 匠宿
 漆塗 粉貝箸 – 匠宿
takumishuku.jp  

漆を塗り重ねてあるお箸の表面を砥石で研いで模様を作り、磨いて艶をつける体験です。漆層の下には貝が蒔かれていて、研いでいくと貝が出てキラキラと宝石の様に輝く美しい模様に仕上がります。色は黒・赤・青・緑・紺・赤紫・ピンク・黒単色、長さは19cm・21cm・23cmの中からお選びいただけます。推しカラーのマイ箸で食事をもっと楽しく! 毎日使うものだから贈り物にも最適です。

研ぎ!

まずはこの中から作りたい箸を選びます。

サイズやカラーが様々なので迷ってしまうのですが、贈る人をイメージして選びました。

これが配られたお箸。

粉貝の上から漆が塗られているようです。

布の上に箸をおいて

左:1000番のヤスリ・右:2000番のヤスリ
左:1000番のヤスリ・右:2000番のヤスリ

まずは、1000番のヤスリで研いでいきます。

水につけたヤスリで箸をひたすら研ぐ。

細い目のヤスリのせいか、結構力を入れても削れすぎてしまうことはありませんでした。

左:研ぐ前・右:研いだ後
左:研ぐ前・右:研いだ後

一番下に黒い漆。
二番目が粉貝。
三番目が黄色い漆。
四番目がピンクの漆。

研ぐと徐々に下の層が出てきます。

自分の好みの模様になったら四隅の角も丸くしいき、2000番のヤスリに変えて滑らかにしていきます。

研ぎ具合によって、粉貝や下地の漆の見え方が変わります。

艶出し!

・研磨剤
・木
・布

木に布を巻き付け、歯磨き粉のような研磨剤を布につけて磨きます。
つけすぎると滑って磨けないので少量でOK!!

ツヤツヤになるまで磨く!!

完成!!

所要時間は1時間ほどでした!!!

まとめ

左から娘・私・義母・息子の作品
左から娘・私・義母・息子の作品

研ぐだけの作業とは言え、研ぎ加減がその人ならではなのでなかなか面白かったです。

贈る人を想像しなが研ぐのは非常に楽しいです。

誰が作っても美しい箸ができるため、贈り物にも最適!!

息子は「明日先生にプレゼントする」と言っていました。

感謝の気持を伝える手段として、手作りのプレゼントも良いのではないかと思いました。

ぜひ、作ってみてください♪

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン