【今週の一冊】東京防災_東京都総務局総合防災部防災管理課 (著), 東京都 (著)

Vermeer

公開:

1 なるほど
881 VIEW
0 コメント

都民でなくても知っておきたい

地震だけでなく、噴火や集中豪雨、竜巻、テロ、感染症など、想定される災害について書かれた本です。

人口が多い場所では、パニックになって人が殺到して負傷することのあるようです。

例えば地下街にいるときに地震で停電した場合は、一つの非常口に集中しないで、壁伝いに歩いて60mごとに設置された非常口から出るようにと書かれていました。

実際に真っ暗闇で、地理も分からない状況の時に、60mごとに非常口があることを知っていると、少しは慌てずに対応できるかもしれません。

知っていることが多い本ですが、知識の確認のためにも何度か読み直したいです。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン