「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法 ~ディズニーの元人材トレーナー50の教え~

Vermeer

公開:

1 なるほど
254 VIEW
0 コメント
 「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法 〜ディズニーの元人材トレーナー50の教え〜 | 櫻井 恵里子 |本 | 通販 | Amazon
www.amazon.co.jp  

ディズニーならではの事例や裏話が満載

ディズニーならではの「心くばり」は、日常生活でも使えることが沢山ありました。

例えば「職場に1歩入ったら『キャスト』になる」です。

ディズニーのキャスト(パークで働く人)は、常にショーを演じているという意識を持つことが要求されるそうです。

例えば大量の商品を購入したいお客様にダンボールで商品をお渡しすることは、「夢の国」に現実を持ち込むあり得ない行為だそうです。

これを職場に置き換えると、プライベートと変わらない感覚で過ごすと、他の社員の目にはいい加減な印象に写ってしまうこともあるそうです。

自分は常に見られているという感覚をもって、自分の立ち姿を意識し、言動をただすことで印象が良くなるそうです。

普段の何気なく歩いている姿や言動も、見られていると意識することで、その場に適した言動に変えることができることを知りました。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン