食品管理アプリ「リミッター」で災害備蓄品管理

cha_chan

公開:

5 なるほど
978 VIEW
0 コメント

大切だけど面倒な災害備蓄品の管理。
以前「防災ログ」(iOS対応)というアプリを紹介しました。

我が家の災害備蓄品を公開します! | potaru
 我が家の災害備蓄品を公開します! | potaru
potaru.com

「防災ログ」は特に下記の点に不満が残りました。

1. 商品登録に時間がかかる
2. 在庫数が登録できない
3. アンドロイド機種に対応していない

特に1と2は在庫管理にあたって大きな問題です。この問題をクリアできるスマートフォンアプリがないかと色々探していたところ、食品管理アプリ「リミッター」を見つけました。

 商品バーコードで賞味期限を通知 Limiter2 (リミッター)| App Store
itunes.apple.com  

リミッターのiOS版

 商品バーコードで賞味期限をお知らせ!Limiterリミッター APK Download | Free Lifestyle APP for Android | APKPure.com
apkpure.com  

リミッターのアンドロイド版

リミッターの特徴

あくまで食品管理アプリです。しかしアップルストアでのアプリ説明欄に以下の説明書きがあったので試しに使ってみることにしました。

Limiter(リミッター)は色んなシーンで活躍します。震災前に購入をした防災グッズ、知らずうちに賞味期限が切れてしまった!そこでこのアプリ、簡単バーコードスキャンで賞味期限切れを未然に防ぐことができます。防災の日の前に家の押入れをチェックして見ませんか?

商品バーコードで賞味期限を通知 Limiter2(リミッター) | App Store

「リミッター」の主な機能(これは使えそう!と思ったもの★)

・バーコードをスキャンして簡単商品登録★
・賞味期限日に通知
・冷蔵庫や震災用などに分類
・カメラ撮影機能
・サイムネイル表示機能
・オリジナルバーコード機能★
・メモ機能
・数量の管理★
・バーコード連続読み取り機能★
・CSV出力★

商品の登録

「防災ログ」でネックとなった商品の登録。「リミッター」の売りはバーコードスキャン機能のようです。それでは登録してみましょう!

トップ画面
トップ画面

※アイコンの説明(左上から)
歯車・・・・・・・・・アプリの設定全般
カート・・・・・・・・課金による制限解除、機能追加
すべて・・・・・・・・カテゴリーの追加、選択
虫眼鏡・・・・・・・・商品の検索
+・・・・・・・・・・商品の追加
バーコード(小)・・・オリジナル商品バーコード表示
書類・・・・・・・・・My Page
バーコード(大)・・・バーコード撮影

まずは、「すべて」をタップします。

右上の「追加」からカテゴリーを追加していきます。
右上の「追加」からカテゴリーを追加していきます。
なんと、無料で登録できるカテゴリーは5つまでのようです。
なんと、無料で登録できるカテゴリーは5つまでのようです。
レビューを書くと8つまでカテゴリーを増やせるようです。
レビューを書くと8つまでカテゴリーを増やせるようです。

いきなり機能制限にひっかかりましたが、防災備蓄品管理に使うだけなら8つで十分足ります。

次にバーコード(大)をタップ。

バーコード読み取り画面。右上の「連続読み取り」は無課金では30回まで使用できます。
バーコード読み取り画面。右上の「連続読み取り」は無課金では30回まで使用できます。
「リミッター」の商品登録画面。
「リミッター」の商品登録画面。
「防災ログ」の商品登録画面(「リミッター」と比較してみてください)。
「防災ログ」の商品登録画面(「リミッター」と比較してみてください)。
通知のタイミングが設定できます(左中央)。
通知のタイミングが設定できます(左中央)。
非常食は余裕をもって通知を30日前に設定しました。
非常食は余裕をもって通知を30日前に設定しました。
賞味期限も自動でセットしてくれる場合があります!微妙な誤差がありますが問題ないレベル。
賞味期限も自動でセットしてくれる場合があります!微妙な誤差がありますが問題ないレベル。
「現在地からお店の名前をメモに入力」機能。買ったお店ですぐバーコードで読み込めば、お店を自動登録できます。
「現在地からお店の名前をメモに入力」機能。買ったお店ですぐバーコードで読み込めば、お店を自動登録できます。
写真は自分で撮影することも可能。直接撮影かフォトライブラリから選択するのは「防災ログ」と同じ。
写真は自分で撮影することも可能。直接撮影かフォトライブラリから選択するのは「防災ログ」と同じ。
ただし写真撮影は無料で10回に制限されています。広告をクリックすると回復できるようです。
ただし写真撮影は無料で10回に制限されています。広告をクリックすると回復できるようです。

バーコード読み取り画面(左上)が表示されるので、中央下のバーコードと商品バーコードを重ねるようにします。よくあるQRコードの読み取りと全く同じ感じで簡単に読み取りが完了しました。

次にアイテム登録画面(中央上)が表示されます。なんと、画像と商品名はバーコードから自動的に登録されていました!これは楽ちん!画像も自動登録されたのは期待以上でした。

写真は自分で撮影もできますが、取り直しも簡単です。また登録中に動作が重くなることもありませんでした。「防災ログ」の商品登録の労力を10とすると、「リミッター」は3くらいでしょうか。

「防災ログ」の登録画面(右上)と比較してみると、「リミッター」は商品登録にあたり下記の工夫がされています。

・履歴を呼び出す
入力履歴から商品を探すことができます。

・数量登録
在庫数を管理できます。

・通知設定
期限のプッシュ通知のタイミングを設定できます。

・メモ欄
買ったお店を自動登録できます。

・楽天で補充する
楽天で同じ商品を探してくれます。

「リミッター」の商品登録のデメリットもゼロではありません。

・賞味期限なしが選択肢にないため、賞味期限がない防災備品にも期限を登録するしかない
・バーコード情報が見つからない場合がある※(食品でないものも登録したせいか、10品登録して5品)
・そもそもバーコードがない備品もある(この場合、+アイコンから手動登録)
・無料だと制限が多い(480円で全制限の解除が可能)

それでもデメリットを大きく上回るメリットが「リミッター」にはあります。

※ バーコードデータ情報更新履歴(2017年)
・2017/01/04 増量
・2017/01/14 セブンプレミアムなど増量
・2017/01/15 西友の商品追加
・2017/01/19 ドンキホーテのPB商品追加
・2017/01/21 ファミリーマートのPB商品追加
・2017/02/04 トップバリューのPB商品増量
・2017/02/11 セブンプレミアムのPB商品増量
・2017/02/26 大幅増量
・2017/03/02 大幅増量
・2017/05/27 トップバリューなど大幅増量

バーコード情報が見つからない場合もあります。
バーコード情報が見つからない場合もあります。
バーコード情報がない場合、オリジナルバーコード登録ができます。ここでも制限が…。
バーコード情報がない場合、オリジナルバーコード登録ができます。ここでも制限が…。
また広告をクリックして回復。
また広告をクリックして回復。
オリジナルバーコードは「リミッター」ユーザー間で共有できます。
オリジナルバーコードは「リミッター」ユーザー間で共有できます。
バーコード(小)アイコンでオリジナルバーコードを確認。
バーコード(小)アイコンでオリジナルバーコードを確認。
色々制限の多いアプリですが、480円ですべて解除できるようです。
色々制限の多いアプリですが、480円ですべて解除できるようです。

その他の特徴

「リミッター」を使用してみて商品登録時以外にメリット、デメリットを感じたところも紹介します。

【メリット】
・アプリの更新が頻繁になされる
・作者への問い合わせページに「迅速に対応します」と記載あり。好感が持てる。
・非常食のレシピ検索が一応可能
・登録商品のCSV出力が可能(無料だと1回しか使えません…。「防災ログ」のクラウド共有には劣ります)

【デメリット】
・アイコンにバッジ表示がされない(通知機能があるので、さほど問題ないが)
・他のスマホやPC間での共有が難しい

右下「レシピ検索」アイコン。
右下「レシピ検索」アイコン。
具材を選択します。
具材を選択します。
食品管理アプリだけあって、クックパッドと連携しているようです。
食品管理アプリだけあって、クックパッドと連携しているようです。
「リミッター」の通知機能
「リミッター」の通知機能
アプリ設定画面1
アプリ設定画面1
アプリ設定画面2
アプリ設定画面2

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン