【今週の一冊】ジョニーは戦場へ行った_ドルトン・トランボ

Vermeer

公開:

5 なるほど
457 VIEW
0 コメント
 ジョニーは戦場へ行った
www.amazon.co.jp  

救いがなく、ひたすら悲惨な物語

第一次世界大戦時、敵の砲弾にあたって目、鼻、口、耳そして四肢を失った男の話です。

見ることも、嗅ぐことも、なめることも、聞くことも、触ることも、手足を動かすこともできない主人公のジョニー。

あるのは意識と、皮膚の感覚と、ほんの少しの頭部を動かすことだけ。

今がいつで、自分が今どこにいるか、どういう状況かもわからない中で、過去、現在、未来に意識を彷徨わせながら、少しずつ自分の状況を認識してきます。

そして使える感覚で必死に外部とコンタクトを取ろうとします。

しかし、やっとの思いで外部とコンタクトをとるものの、ささやかな希望すら叶えられず、暗闇に残されていく・・・。

精神のみになった男の、深い孤独を想像するたびに、胸が痛くなる本です。

自由のための戦争って何だろう。

もっともらしいスローガンで戦争を人々にさせようとする人たちの、ばかばかしさを感じずにはいられません。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン