【東北の風の道】まつり・つどい・いのり(第2号)

iRyota25

公開:

3 なるほど
5,507 VIEW
0 コメント

東北の各地が夏の祭りに向けて燃えている。

陸前高田の町でも8月7日の七夕祭りの準備がたけなわだ。お手伝いしている祭り組では、平日22時、23時過ぎまで作業が続けられることもざらだ。それでも祭り組の人たちは「今年はまだ午前0時を回ったことはないんですけどね」と笑う。

(写真は昨年のもの)
(写真は昨年のもの)

祭りの準備は本番の1カ月以上前からほぼ連日続けられている。どうしてそんなに長い期間が必要なのか。それは、祭りの山車の飾り付けを毎年毎年、新しく作り替えていくからだ。陸前高田の七夕祭りではそれが当たり前のこととして、震災以前からずっと続けられてきた。震災を機にお手伝いに参加した身にすれば、とても奇特なことに感じてしまう。

太鼓とかお囃子の練習を何週間も前からやっている祭りは多い。自分のふるさとでもそうだった。夏祭りの2週間くらい前から太鼓の稽古が連日あって、練習が終わった後には高学年がリーダーで花火をしたり、肝試しをしたり、なんだかんだ楽しむのが夏休み突入前後の決まり事だった。しかし、毎年山車の飾り付けを作り替え、しかもその作業を住民が自ら行う祭りは全国的にみても希有なのではないか。

それぞれの祭り組が、その年々に思いを込めて作り上げた山車は、8月7日の祭りの前夜披露される。その時までは飾りのデザインも色合いも「企業秘密」。よって、作業中の写真で掲載できるのはモノクロまで。美しい飾り付けのカラー写真は七夕当日までしばしお待ちを。

陸前高田の七夕には、仙台や首都圏など県外に出て行った人たちの多くも祭り当日に合わせて戻ってくるのだという。星飾りがゆらめく幻想的な陸前高田のうごく七夕祭りは、亡くなられた人たちをお迎えする祭り。思い出をつなぐ祭り。そして、再会の祭りでもある。

「今年の山車はこんなふうにつくったよ」

「きれいだねえ。うれしいねえ。あれ、その辺なんてずいぶん凝った飾りになってるでねえの。たいへんだったねえ。がんばったねえ。毎年毎年ありがとねえ」

それぞれの祭り組の山車と山車がすれ違う時には、太鼓と笛もヒートアップ。お囃子の競演が始まる。と同時に、それぞれの山車の飾り付け自慢、飾り付け品評会も始まるのだ。

あっと驚かせるような飾り付け。さすがだねと唸らせる飾り付け。この町らしいよねと言ってもらえる飾り付け。8月7日のたった1日限りの祭りに向けての連日の準備。飾り付けの段階から陸前高田の七夕祭りはもう始まっている。

子どもたちも高校生も山伏も一緒に海の安全を祈願

ビーチクリーン活動が続く「長須賀つながりビーチ子ども海広場」で7月18日、オープンを控えた安全祈願祭が執り行われた。

祈願祭の導師役は山伏。浜辺に響き渡る祝詞と法螺貝の音色に、波の音と子どもたちの歓声が加わって、いままで経験したことのない音と光の世界が現出した。

「みちのく仙台ORI☆姫隊」も参加して華やかに盛り上がるなか、厳かな空気と、はしゃぎ回る子どもたちの声。祈りと願いと今ここにあることへの想い。たくさんのものが交錯する海風のなかに、たくさんの笑顔が花開く。

ビーチと祈り。縁遠く思われがちなふたつの言葉がひとつになった。

長須賀つながりビーチ子ども海広場で安全祈願祭
 長須賀つながりビーチ子ども海広場で安全祈願祭
potaru.com

極め付きは式典が一通り終了した後の山伏の導師さんの撮影会。海を守りたい。海辺に集う人々を守りたい。そして素晴らしい夏のひとときを実現したい。そんな思いが、山伏の導師さんのみならず、その場に居合わせた全員に共有されたひとときだった。

潮騒には山伏がよく似合う。この夏の海が安全で楽しいものでありますように。そしてまた来年も、山伏の導師さんの祝詞と子どもたちの声の響く中、長須賀つながりビーチが開かれますように。

お天王様があっての七夕なんだよ

神社への急な石段を左右に大きく傾きながら神輿は登っていく
神社への急な石段を左右に大きく傾きながら神輿は登っていく

陸前高田では七夕に先立ってお天王様の神輿渡御が行われた。美しく飾り付けられた山車がお囃子の音とともに町を進む「うごく七夕」の優美さとは打って変わって、重たい宮神輿を少人数の担ぎ手が、天に届けと担ぎ上げ、また地を這うように練り回る勇壮なお神輿だ。

クライマックスは高台にある天照御祖神社への石段を登る渡御。例年、けが人が出ても不思議じゃないと言われながら、無事に渡御を成し遂げてきたお天王様のお神輿。陸前高田に夏を呼び込むおお天王様、今年の首尾はいかに。

陸前高田に夏を呼び込む「お天王様」の神輿渡御
 陸前高田に夏を呼び込む「お天王様」の神輿渡御
potaru.com

お天王様には七夕祭りの安全祈願の意味もあるという。渡御をなし終えた後の境内では、たくさんの人から「お天王様あっての七夕」という声が聞かれた。美しい七夕祭りのバックボーンには祈りがある。

900年の伝統。けんか七夕は今年も開催

梶棒と呼ばれる丸太がぶつかり合った状態の山車のアップ
梶棒と呼ばれる丸太がぶつかり合った状態の山車のアップ

気仙郡3市町という言葉がある。現在の陸前高田市、大船渡市と住田町、かつて気仙郡だった地域を指す言葉だ(正確には現在の釜石市の一部も含む)。現在は岩手県に属するが藩政期に気仙郡は伊達藩領の最北の地域だった。

この地域の中心だったのが陸前高田市気仙町、今泉と呼ばれる土地だ。ここで生まれ900年の歴史を誇るけんか七夕は、七夕祭りの原型という説がある。近年では全国各地で七夕祭りが行われるが、そのお手本とされる仙台の七夕は、気仙の七夕が伝わったものだというのだ。

勇壮さや華麗さばかりでなく、長い伝統を誇る気仙町のけんか七夕。津波被害やかさ上げ工事の影響で今年も開催を危ぶむ声があったが、開催場所を気仙川東岸に移して開催されることになった。

会場が移されたこと、そして毎年のように開催が危惧されることの背景に何があるのかをぜひ知ってほしい。

今年も開催される陸前高田気仙町の「けんか七夕」
 今年も開催される陸前高田気仙町の「けんか七夕」
potaru.com

希望と名付けられた橋が解体されていく

奇跡の一本松の西、気仙川に掛けられた希望という名の吊り橋の解体工事が進められている。10年かかる津波被災地のかさ上げ工事を3年に短縮した巨大ベルトコンベアの一部だった橋だ。

橋には地元の小学生たちからの応募で「希望のかけ橋」という名前がつけられていた。ベルトコンベアの運用は昨年9月に終了し、ベルトコンベアはすっかり解体されてしまったが、この橋だけは残されるのではないかという観測もあった。

しかし工事はどんどん進む。橋桁は1週間ほどで解体されて、今ではタワーとケーブルを残すのみ。変わっていく町の光景に名残を惜しむ声も聞かれる。Facebookには「希望がなくなってしまうの?」なんてメッセージも見られたほどだ。

「希望」という名の橋の解体工事
 「希望」という名の橋の解体工事
potaru.com

しかし、一本松の根元近くに掲げられた2枚の看板が、希望が生き続けていることを教えてくれる。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン