唯一予見できる事故原発の近未来【雑固体廃棄物焼却設備】

fnp1monitor

公開:

2 なるほど
4,740 VIEW
0 コメント

「雑固体廃棄物焼却設備」という名前だけ聞くと、小さな焼却炉のような設備を想像してしまうかもしれない。3月18日午前9時29分に本格運転が始まったこの施設は、「汚染水」に続いて事故原発が抱える問題を示すものでもある。

まずその規模の大きさだ。福島第一原発構内北寄り、5,6号機の近くに建設されたその施設は、下の写真で比較すると分かるように原子炉建屋に匹敵するほど大きい。

原子炉建屋と比べるとその規模の大きさが分かる(Google Mapに加筆)
原子炉建屋と比べるとその規模の大きさが分かる(Google Mapに加筆)

この巨大な建屋の中に設置されたA系,B系の2系統の焼却炉で、7,000人と言われる作業員が着用する防護服や下着、手袋などの他、工事用の梱包材、布切れ、木など、これまで溜まりにたまった固体廃棄物の焼却が始まったわけだ。

先立って発表されたホット試験結果

3月18日の運転開始に先立ち、3月15日には雑固体廃棄物焼却設備で3月3日まで行われてきたホット試験(実際の廃棄物を使った焼却試験。放射能の外部放出のリスクが調べられた)の結果が公開されている。

 福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月15日
www.tepco.co.jp  
福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月15日(3ページ)
福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月15日(3ページ)
福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月15日(4ページ)
福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月15日(4ページ)
福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月15日(6ページ)
福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月15日(6ページ)

燃焼試験に用いられたのは、廃棄物が詰められたコンテナの表面での線量が、0.0001~0.50ミリシーベルト(毎時)の固体廃棄物。空間線量の単位として一般的に耳にすることの多いマイクロシーベルトに換算すると、0.1マイクロシーベルト~500シーベルト(毎時)ということになる。除染の対象となる0.23マイクロより低いものもあれば、公衆線量限度の2分の1の線量のものある。

これらを使って実際に燃焼試験を行った結果、焼却設備の排気部に設置されたダストモニタやガスモニタでは、廃棄物を燃やしていない時と同レベルの線量しか測定されなかったという。(原発敷地内が汚染されているためバックグラウンドの放射線を拾ってしまうこともあるのだろう)

2月8日から3月3日までのホット試験中には、プラントから水が滴下するトラブルが発生して、2月13日~23日まで試験を中断することもあったが、ホット試験の結果発表の翌日には、本格稼働が始まっている。

「特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会」に提出された一連の資料から伺えること

ホット試験の結果が公表された2日後、つまり雑固体廃棄物焼却設備の稼働前日、東京電力のホームページ「報道配布資料」に、3月15日発表のものと同じ内容の資料が再び掲載された。

 【3月17日発表の資料】福島第一原子力発電所雑固体廃棄物焼却設備設置工事におけるホット試験の結果について|東京電力 平成28年3月17日
www.tepco.co.jp  

違いは1点のみ。資料表紙の右上に「特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会」の参考資料であることが記されていることだ。

特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会は、原子力規制委員会に設置された検討会で、昨年12月4日の第1回から今月17日まで3回開催されている。規制委員会の担当委員は福島第一原発事故当時、日本原子力学会で会長をつとめていた田中知(さとる)氏で、外部専門家と原子力規制庁の官僚、オブザーバーとして福島県の原子力専門員、資源エネルギー庁の官僚、東京電力の廃炉推進カンパニー社員数名をメンバーに開催される会議だ。

第3回の議題は、「廃棄物発生量の見通しと今後の管理について」「廃棄物の計測・分析について」「屋外集積された可燃物(伐採木等)に対する火災対策について」「その他」の4項。この検討会の資料として、固体廃棄物焼却設備の本稼働に当たっての資料が提出されたということだ。

検討会の議題に関連して東京電力からは他の資料も提出されていて、それぞれ東京電力のホームページにもアップロードされている。

順に見ていくと、事故原発がおかれた苦しい状況が見えてくる。東電の苦境とは、増え続ける防護服や工事資材などの廃棄物や、除染やタンク等の施設増設のために伐採した樹木などを減らさなければ、廃炉作業の妨げにもなりかねないという、汚染水貯蔵問題に続く大きな課題に直面しているということだ。

2023年には伐採木の焼却開始

 【特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会(第3回)資料1】各廃棄物の二次分類に応じた今後の保管方針について|東京電力 平成28年3月17日
www.tepco.co.jp  

資料1「各廃棄物の二次分類に応じた今後の保管方針について」からは、東京電力が進めようとしている今後の固体廃棄物処理のアウトラインが見えてくる。

まずは敷地内で伐採された樹木の処理だ。大量のフォールアウト(死の灰)で汚染された福島第一原発には、事故発生前まで多くの木々が茂り野鳥観察ができるほどだった。ところが汚染水を貯蔵するための大量のタンクを設置するため、敷地内の樹木の多くが伐採された。樹木の伐採は空間線量を下げる上でも極めて重要な措置だった。(多くの場合、樹木は平らな地面よりもはるかに汚染されるとされる)

敷地内で伐採された樹木の汚染度はかなり高いものであると考えられる。しかし、伐採木は廃棄物として場所をとる上、自然発火の危険もある。燃やして灰にしてしまえば大幅な減容化が実現できるが、高線量の樹木の焼却については2023年からと記された。

各廃棄物の二次分類に応じた今後の保管方針について|東京電力 平成28年3月17日
各廃棄物の二次分類に応じた今後の保管方針について|東京電力 平成28年3月17日

また、この資料の後半では第2回検討会での質問に回答する形で、増設が予定されている焼却施設について記されている。

資料によると、現在の雑固体廃棄物焼却施設は1日に7.2トンの焼却設備を2系統で運転しているが、2020年頃運転開始予定の「増設」施設の処理能力は1日95トンに達する計画だという。増設施設稼働後の合計焼却処理能力は単純計算で7.5倍以上となる。資料4ページに示された使用済み保護衣などの減容が、増設施設の稼働後に急速に進むのは「増設」こそが固体廃棄物減容処理の切り札であることを示している。

各廃棄物の二次分類に応じた今後の保管方針について|東京電力 平成28年3月17日
各廃棄物の二次分類に応じた今後の保管方針について|東京電力 平成28年3月17日

「減容」とは放射性物質の「濃縮」に他ならない

特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会(第3回)に提出された資料2では、減容化を行った廃棄物の保管に欠くことのできない分析体制の整備と能力の向上がテーマになっている。

 【特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会(第3回)資料2-1】廃棄物の保管のための計測及び処理・処分のための分析について|東京電力 平成28年3月17日
www.tepco.co.jp  
 【特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会(第3回)資料2-2】放射性物質分析・研究施設の検討状況|平成28年3月17日 東京電力 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
www.tepco.co.jp  

資料によると、分析能力を高めるため延べ床面積9,450平方メートル、高さ24メートルの分析研究棟を含む大規模な施設建設を行うことになっている。

構内に保管されている固体廃棄物が増え続けている。減容化を進めなければ保管場所がなくなってしまう。減容化のためには焼却灰の線量測定や厳正な保管が欠かせない。そのために大規模な分析施設の建設が不可欠になっている――。そのように見て間違いないだろう。

福島第一原発構内の固体廃棄物保管状況(3点ともGoogle Mapより)
福島第一原発構内の固体廃棄物保管状況(3点ともGoogle Mapより)

最近画像が更新されたGoogle Mapで事故原発を見ると、構内のさまざまな場所に固体廃棄物を貯蔵されているのが見て取れる。タンクエリアの東側にすり鉢状に地面を掘削してフレコンパックなどが集積されている場所もある。被災車両が集められた場所も見える。大量のタンクが敷地を埋め尽くしつつある中、固体廃棄物を貯蔵するための場所も逼迫しているのが感じられる。何としても減容したいというのは、切実な要望に違いない。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン