さぶろうたが見た東北【その1】 ~復興支援ツアー2014

saburouta

公開:

8 なるほど
2,724 VIEW
2 コメント

訪れた先々で貴重なお話をいろいろ聞かせていただきました。自分なりにいろいろ感じることができました。詳細は後日、別ページに書きたいと思います。

6月7日、いよいよさぶろうたの復興支援ツアー2014が始まりました!
今年の東北地方は例年よりも、1週間も早く梅雨入りしたそうです。
やはりこの日も仙台は雨予報でした。
とはいえ、さぶは今までの人生の中で旅行やイベントで雨に降られた記憶はまったくと言っていいほどない超晴れ男!なんとなく降らないんじゃないかと期待しながら。。。

東京駅から仙台駅までは、東北新幹線の『はやぶさ』に乗車。このはやぶさがまたすごい!全席指定で上野を過ぎると大宮に停車した後は仙台駅までノンストップ。東京駅からたった1時間半で仙台駅に着くんです。
そして9時30分、仙台駅に到着。天気はと言うと、、、

雨っす。。。かなり降ってます。。

1日目は石巻、女川をまわる予定です。
ここは旅行の計画を立てたときにコメントをいただいたonagawa986さんに教えていただいたルートに思いっきり乗っからせていただきました!

日和山公園→門脇小学校→がんばろう看板→大川小学校→雄勝→女川

さすが地元の方。的確なアドバイスは強行にならず、時間もそれなりに余裕があり、ゆっくり見て回ることができました。

そして1日目の宿泊は『華夕美』です。
部屋に入り外を眺めると目の前がすぐ海でした。津波の被害もさぞかし大きかったんだろうと思っていました。華夕美は万石浦という湾沿いに位置しています。万石浦は湾の入口がすごく狭くなっていてそこに橋がかかっています。その橋に瓦礫が引っかかり、言葉は適切かわかりませんが奇跡的にも津波の被害は最小限で済んだそうです。
従業員の方、そして女将さんにお忙しい中いろいろなお話をしてくださいました。
心に残る貴重なお話をたくさんしてくださったので、このことは後日、別ページに書きたいと思います。

華夕美は料理がとてもおいしく、珍しいタラの刺身や活きのいいウニは絶品でした。ウニはごちそうさましてもずっと動いていました。他の料理も女将さんと板前さんのアイデアが詰まっているものばかり!すべて美味しくいただきました。

女川温泉・華夕美

2日目はきぼうのかね商店街の中にあるセラミカ工房に寄りました。
スペインタイルというものを初めて見ました。
なぜスペインタイルかというと、スペインのガリシア地方というところはリアス式海岸になっていて女川によく似ているそうです。そこで異文化交流のお話が持ち上ったと教えていただきました。他にない独特感がする、なんとも言えない魅力を感じさせてくれます。次回は前もって予約してオリジナルのスペインタイルを作りたいと思います。

現在、石巻線は女川駅の1つ手前の浦宿まで開通し、石巻線の終着駅の女川駅は2015年3月の開通を目指しているそうです。
そこで新しくなる女川駅(女川温泉ゆぽっぽ←JR女川駅との合築)には、このスペインタイルが壁画として貼られるそうです。そして『女川温泉ゆぽっぽタイルアートプロジェクト』として何とタイルのデザインは一般募集しているんです!
テーマは『花』です。
誰でも参加できて、もれなく採用してくれるそうです。これは絶対参加です!
6月30日までとなっているので、残りわずかですが、ぜひ多くの人に参加してもらいたいと思います。

次回、女川を訪れたときに楽しみが1つ増えますね。

 女川温泉ゆぽっぽタイルアートプロジェクト | 女川町
www.town.onagawa.miyagi.jp  
募集しているのテーマは『花』です。さぶは魚の町女川をイメージ、嫁はすずらんに『きぼうのかね』をイメージしたそうです。
募集しているのテーマは『花』です。さぶは魚の町女川をイメージ、嫁はすずらんに『きぼうのかね』をイメージしたそうです。

その後は青葉城を見て仙台駅周辺に戻ってきました。

夕飯は楽しみにしていた焼肉です。せっかくなので少し贅沢することに決め、仙台トラストタワー内にある『花牛』に行きました。
全室個室で店構えも多少自分には敷居が高い感じがありましたが、お金をたくさん使うのもこの旅の目的の一つ。値段は気にせず豪快に注文しました。
味に関しても言うことなし。今まで自分が食べた焼肉の中では一番美味しかったんじゃないかと思います。

この日は一関に宿泊予定なので、新幹線で一関に向かいました。

 仙台牛焼肉『花牛』
www.hanagyu.net  

おすすめです!

3日目。
一関駅から東北本線で中尊寺へ。
嫁は兼ねてから欲しいと言っていた中尊寺の朱印帳を購入することができ大喜び。その後sKenjiさんおすすめの毛越寺へ。
今日はこのあと、気仙沼、陸前高田へと行かなくてはならないのでのんびりもしていられません。

一関駅からドラゴンレール大船渡線の12時44分に絶対に乗らなくてはいけません。なぜかというとこれを逃すと次は14時57分(2時間待ち)になってしまうからです。時刻表では乗換えに多少の余裕があったのですが、一関駅を目前に電車がなぜか止まってしまいました。

まったく動く気配がなかったので完全に諦めていたその時になんとか電車は動き出しました。気仙沼行きの切符を買っていなかったので駅に着いてからは猛ダッシュで改札 へ行き一度出てドラゴンレール大船渡線の切符を2枚購入。切符を通して一度嫁の元に走り、嫁の東北本線の切符で再び改札を出て大船渡線の切符で2度目の改札をくぐりホームへ。改札を通っていない切符はダメなんじゃないかという不安からこんなことに。。。切符なしで乗って、後で精算でもよかったのですがどうしても切符の写真を残しておきたかったのでこうなりました^^;
こんなに走ったのは久しぶりです。なんとか間に合い、ドラゴンレール大船渡線で気仙沼へ。

気仙沼では少し遅れたランチです。
『K-port』という渡辺謙さんが仲間と一緒に作ったカフェです。
K-portの『K』は気仙沼のK、渡辺謙さんのK、絆のK、心のKだそうです。入口には渡辺謙さんの直筆メッセージが飾られてありました。
毎日、FAXでお店に送られてくるそうです。謙さんの復興への熱い思いが伝わってきます。

お店はとてもオシャレで細かいところにも気が配られています。
トイレのスリッパは子供用の小さいスリッパもちゃんと置かれていました。
この心遣いは素敵です!
料理もとても美味しく、店長はイケメン。言うことありませんね!

気仙沼からはBRTで陸前高田市へ。

ここへは奇跡の一本松を見にきました。
7万本あった松はたった1本しか残りませんでした。その1本も厳しい条件の中なんとか生きぬいていましたが、ついに力尽きてしまいました。
自分が見た1本の松は復興の象徴として残されたモニュメントです。

さぶの住んでいる町の隣には千本浜公園という自然公園があり、海岸線に沿ってたくさんの松が生息しています。陸前高田の高田松原も元はあんな感じだったのかなと思いながら寂しそうに立っている1本の松を見ていました。

3日目は陸前高田市の『キャピタルホテル1000』に宿泊しました。

いよいよ最終日、4日目です。BRTで盛駅へ向かいました。
昨日に気仙沼から乗ったBRTは普通に道路を走っていたのでバスに乗っている感覚とあまり変わらなかったのですが、盛駅までの道は埋め立てた線路の上を走っています。遮断機があったり電車そのものです。レールがない上に、かなり狭いところを走っているので運転はかなりの大変なのではと感じました。

盛駅から釜石駅までは三陸鉄道に乗りました。

三陸鉄道全線復旧を記念して切符になるキットカット『切符カット』を楽しみにしていましたが、少しだけ時期が早かったようです。
切符カットはゲットできませんでしたが駅員さんが乗車券を硬券に変えてくれたので大満足です。残念がっているさぶたちに気を遣ってくれたんですね。

切符は硬券にしてくれました!懐かしい。。。
切符は硬券にしてくれました!懐かしい。。。

釜石からはバスで大槌に向かいました。
大槌では解体工事中の旧役場を見ました。

再び釜石に戻り、JR釜石線で新花巻駅へ。
21時22分、新幹線は三島駅に着きました。
さぶと嫁の第1回復興支援ツアー2014がひとまず終わりました。

新聞やネットでいろいろな情報が簡単に入る今の時代、本当のことも間違ったことも簡単に広まってしまいます。現地の方の生の声は、『本当』だからこそ心にものすごく伝わってくるのだと思いました。
私たちは、この本当からいろいろな事を感じ、学ばなければいけないということを強く感じました。

最後に、、、
今回の旅行でいろいろな方にいろいろなお話を聞く事ができました。

偉そうなことを言える立場ではありませんが、
人それぞれ思いや考えは違っていても、『復興』を願い、力強く前向きに生きていることに変わりはないのだと感じました。
この4日間で東北の人たちの計り知れない無限のパワーを感じました。
こういう力がある限り、東北も、日本も負けないと感じました。

もう3年ではなく、まだ3年です。まだまだ先の見えない長い闘いはずっと続きます。少しでも、ほんの少しでも力になれるようにこれからもずっと何が自分にできるかを考えて行きたいと思います。

宿泊費 64,162
おみやげ 52,606
交通費 79,260
車関連 18,236
雑費 11,406
食事代 29,980
――――――――
255,650

 【復興支援ツアー2015】震災5年を見る。そして何があっても生き抜く力を身につける旅 byさぶろうた
potaru.com
 さぶろうたと復興支援
potaru.com
 さぶろうたが見た東北 【その3】~陸前高田
potaru.com
 さぶろうたが見た東北【その2】 ~女川
potaru.com

■さぶろうたが見た東北【その1】

 【復興支援ツアー2014】今のじぶんができる、ほんのちょっとの復興支援 byさぶろうた
potaru.com

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • S

    saburouta

    コメントありがとうございます!
    いきなり驚かせてしまってすみません^^;
    でもホントに助かりました~!

    前回も今回も東北は私に、とても素敵な時間を与えてくれました。
    そして今回、onagawa986さんがおっしゃる通り、
    前回感じなかったものも感じることができました。

    次回はさらにいろいろなものが見えてくるかもしれません。

    もうすっかり東北の虜です!

    また必ず行かせていただきます!

  • O

    onagawa986

    saburoutaさん!記事に私の名前が出ていてビックリしちゃいました!
    でも無理無くグル~っと周れたようで良かったです!
    気仙沼のK-port!私も気になってたんです!saburoutaさんに先越されちゃいました~(笑)
    ところどころでいろんな話を聞いて、漠然としたものがリアルに変化したはず。
    その目線でまた東北へ来ると、見えなかったものが更にもっともっと見えてくると思います!
    もっと東北のファンになってくださいね♪
    次回は更にもっと魅力ある場所をご紹介しますね~ヽ(^o^)丿