ツールド東北2013レポート

kimkaz

公開:

6 なるほど
3,298 VIEW
0 コメント

ツールド東北とは?

「ツール・ド・東北 2013 in 宮城・三陸」とは、東日本大震災の復興支援および、
震災の記憶を未来に残していくことを目的に、宮城・三陸エリア(石巻市、女川町
、南三陸町)を舞台にしたサイクリングイベントです。

コース

グランフォンド:約160キロ
メディオフォンド:約100キロ
グルメフォンド:約60キロ

の3つのコースがあります。

11/2 大会前日

大会の受付のため、当日のスタート/ゴール地点である石巻専修大学へ。
協賛ブースやオリジナルグッズの販売などがありました。

そして、無事受付を済ませ、ゼッケンやパンフレット、応緑団グッズなどを
受け取りました。気分が高まります!

石巻周辺の宿を取れなかったため、多賀城で宿泊。
明日に備えます。

11/3 大会当日

スタートが6:30ということで、早朝に現地到着しました。
カンガルー便で送っていた自転車を受け取り、組み立て等々。

そして、明るくなるにつれて人が増えてきました。いよいよスタートです。

そしてスタート!!
※レース中の写真は後日業者からUP等あれば追加します・・・

第一エイドステーション:女川町

被災の現状、復興に向けて少しづつ前進している現状を目の当たりにしました。


そしてここでは、秋刀魚のすり身汁を頂きました。

早朝に開始し、20kmほど進んだ場所での休憩、
東北11月の朝というとで気温は低かったですが、
すり身汁の温かさ、現地の人の温かさや応援に触れ、
心も体もとっても温まりました!

第二エイドステーション:雄勝町

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン