写真で振り返る 東北・みやぎ復興マラソン2018 応援日記

yoshi

公開:

4 なるほど
260 VIEW
0 コメント

今回、東北・みやぎ復興マラソン2018(復興支援ツアー)にエントリーした皆さんの応援&カメラマンとして参加しました。
マラソンで誰かを応援するというのは初めての経験で、どのように楽しめばわかりませんでしたので、みんなの走る姿を撮るためのスポットを探しつつ、いろいろと見学しました。
マラソン大会の雰囲気を撮影した写真で振り返りたいと思います。

朝早くからぞくぞくランナーたちがやってきていました
朝早くからぞくぞくランナーたちがやってきていました
ここがスタート地点
ここがスタート地点

朝早く行けば、ランナーでなくてもスタート地点やゴール地点などのコースを自由に散策できますので、おすすめだと思います。ついでに撮影スポットのロケハンもできました。

車いすバスケット体験会も開催していました
車いすバスケット体験会も開催していました
ランナーはここで荷物を預け、着替えます
ランナーはここで荷物を預け、着替えます

早朝から会場を埋め尽くすランナーたち。
日本全国だけでなく世界各国から13,000人以上のランナーがエントリーしています。
ランナーの皆さんは、寡黙に準備運動している人から、友達同士でワイワイしている人までいて、だんだんと盛り上がっていきました。
会場の宮城県立都市公園岩沼海浜緑地はかなり広く、朝からぐるっと1周しましたが、とても時間がかかりました。

ウォーミングアップ中のランナー。そして飛行機、近くに仙台空港があります。
ウォーミングアップ中のランナー。そして飛行機、近くに仙台空港があります。
第1ウエイブ出発直前。ちっちゃいですが猫ひろしが写ってます。わかるかな~。
第1ウエイブ出発直前。ちっちゃいですが猫ひろしが写ってます。わかるかな~。

スタート直後のみんなを応援するために、スタート地点から百メートルあたりに陣取って、ビデオを三脚にセット。
そして、デジカメを手に持ってスタートを待ちました。
また撮影しやすいように、みんなには進行方向右側にいることをメッセージで伝えました。

そして第4ウエイブが通過、元気にスタートしました!
そして第4ウエイブが通過、元気にスタートしました!
ゴール地点の準備も慌ただしくなってきました
ゴール地点の準備も慌ただしくなってきました
千年希望の丘地点へ移動
千年希望の丘地点へ移動

スタートした後、歩いておよそ20分。
仙台空港が近くにある「千年希望の丘」まで機材を持って移動しました。
この給水ポイントは、だいたい25キロ地点を超えたところにあります。
さて、皆んなは今、どこらへんを走っているのかな?

フラでランナーを応援中
フラでランナーを応援中
復興マルシェで「牛タン」を食べて、エネルギー補給
復興マルシェで「牛タン」を食べて、エネルギー補給
通過するランナーの応援をしつつ、アプリを見ながらみんなを待つ
通過するランナーの応援をしつつ、アプリを見ながらみんなを待つ
きたーっ!まだまだ余裕の様子。残りも頑張れー!
きたーっ!まだまだ余裕の様子。残りも頑張れー!
踊りながらやってきたこの二人...。ランナーズハイ?全然余裕じゃん!
踊りながらやってきたこの二人...。ランナーズハイ?全然余裕じゃん!
全員完走!みんないい顔しているね!
全員完走!みんないい顔しているね!
鳥の海の夕焼け
鳥の海の夕焼け

今回、初めてマラソンの応援に参加しましたが、エントリーしたランナーの移動がアプリでわかり、応援のタイミングがはかれてとても便利でした。
そして、復興マルシェではその地域のグルメやイベントが催されていて、応援だけでもいろいろ楽しめるようになっていることを知りました。
また、沿道から応援しているとランナーから「ありがとう!」という言葉をかけられたりして、ランナーとのコミュニケーションもマラソン応援の醍醐味ではないかと感じました。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン