「石巻 まちの本棚」がオープン!

iRyota25

公開:

4 なるほど
2,705 VIEW
0 コメント

[2013年7月27日 宮城県石巻市]

いーくうかん。
本がたくさんあってゆったりできる場所。

石巻の街なかに、本を真ん中においたコミュニティスペースがオープンしました。
これまで全国で一箱古本市を開催したり、被災地に本を届けるプロジェクトを行ってきた「一箱本送り隊」と、震災を機に石巻を世界で一番面白い街にしようと活動するISHINOMAKI2.0が中心となり、たくさんの町の人たちと手に手を取り合って7月27日、いよいよグランドオープン。

「石巻 まちの本棚」がオープンしたのはもともと本屋さんだった場所。
京都の建築家畠山サトルさんが建屋を建てるワークショップを行ったり、飛騨高山の左官・挾土秀平さんを招いて、漆喰壁を塗るワークショップを開催したり。内装や本棚の制作にも石巻の人たちが参加。アートと本が大好きな小学6年生の男の子もワークショップの常連でした。

壁一面に設置された本棚には、全国から贈られた約1000冊の本。

本の見返しには、寄贈した人の手描きのメッセージもぺたりと貼り付けられています。

本が大好きな人が訪れて、本を中心にゆったりしたつながりが広がっていくような、素敵な場所。本屋さんとも図書館とも違う、心地いい空間。これまでにないこの本棚の雰囲気を例えるなら、この日街なかで開催されていた一箱古本市に近いかも。

雨上がりの商店街。こんなカタチで本に出会えるなんて。
雨上がりの商店街。こんなカタチで本に出会えるなんて。
ばったんたおれ屋さんは箱が変身してお洒落な本棚に。
ばったんたおれ屋さんは箱が変身してお洒落な本棚に。
電器屋さんなのに、もう何屋さんなのか分からない。
電器屋さんなのに、もう何屋さんなのか分からない。

本の内容のこと、装丁のこと、作者のこと、はては活字の種類やレイアウトのことなどなど。一箱分の書籍をはさんで、素人の店主とお客さんが本の話題でやりとりする。本をとおして少しだけ、相手のことがわかった気になれる。そんなゆるくて、心地よいつながりが、きっと生まれていくところになるのでしょう。

寄贈はいまも受付中とのことだったので、一箱古本市で購入した本を「石巻 まちの本棚」に寄付してきました。

石ノ森章太郎の伝記マンガと、震災直後の萬画館の写真が掲載された旅行ガイド、それから、一目ぼれして買った後、地元の人に「あの本ほしかったなあ」と言われて寄贈することにした本。きっと、みんなの蔵書として、たくさんの人に読んでもらった方がいい本だってある。

メッセージカードを書くのも楽しい。この本をどんな人が読むんだろうと想像するとわくわくです。

石巻へはぜひ一冊、あなたの大切な本を持っていきましょう。石巻の人たちに読んでもらいたい一冊を厳選して。

 石巻 まちの本棚 | Facebook
www.facebook.com  

石巻 まちの本棚

石巻市中央2丁目3-16

●TEXT+PHOTO:井上良太(ライター)

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン