【ニッポンしまじま ゆるキャラ図鑑】 オロ坊 (天売島、焼尻島)

tanoshimasan

公開:

5 なるほど
1,383 VIEW
1 コメント

【名 前】オロ坊【性 別】♂

【生息地】羽幌町(北海道苫前郡)【本 籍】羽幌町天売島 赤岩

【職 業】羽幌町の観光を盛り上げること、イベントに出没すること【好 物】いかなご

【得 意】飛ぶことより泳ぐ方が得意だったりします。【性 格】いろいろな帽子を被ることが好きなおしゃれな奴、

             またいろんなポーズにもだわりを持ってます。     甘エビの他にもいろいろな被り物を探しています。

             被れそうなものがあったらとりあえず被ってしまいます。     子供と遊ぶことが好きで、よくペンギンと間違えられます。

             「ペンギンに見えるけど、実はオロロン鳥・・」(公式HPより)

Twitter : オロ坊 haboro_kankou

ペンギンに見えるけど、実はオロロン鳥・・

北海道、羽幌町の「オロ坊」君です。「羽幌町?島じゃないの?」という声も聞こえてくるかもしれません。羽幌町は、【生息地】のリンクを見ていただけるとわかりますが、稚内~札幌間の中間あたりにある、北海道は苫前郡、日本海に面した港町。そこからアクセスできる島として、天売島(てうりとう)、焼尻島(やぎしりとう)があります。

天売島、焼尻島は距離で見ると4km程度しか離れていませんが、それぞれ個性豊かな島で見どころが深いです。オロ坊君は天売島で見ることが出来るといわれる、ウミガラス(オロロン鳥)がモチーフとなっています。「オロ坊」という名前の由来ですが、公式には『羽幌(haboro)の逆さ読み(orobah)と、オロロン鳥の「オロ」をもとに、親しみを込めて「オロ坊」とした。』とあります。羽幌の逆さ読みという発想・・・!渋い!!渋イイ話!!!

登場は2012年2月下旬、公募により命名されたのが同年3月23日という超ルーキー。(2012年4月現在)羽幌町は、天売島名産のうに、焼尻島名産のサフォーク種めん羊、羽幌名産の甘えびのそれぞれが主役となったお祭りが年に1回ずつ開催されるなど、イベントが豊富!!「オロ坊」君の今後の活躍が期待されます。

ちなみに、甘えびのほかにも被り物を探しているそうです。せっかくなのでうにとか羊の帽子も被ってほしいですね。(笑)  

※画像は羽幌町観光協会様の許可を得て掲載しています。

 羽幌町観光協会
www.haboro.tv  

【ニッポンしまじま ゆるキャラ図鑑】 ゆるキャラ一覧

最終更新:

コメント(1

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • N

    naoki1014

    食いしん坊そうなキャラクターですね。
    ゆるキャラ特集おもしろいです!
    全国のいろんなゆるキャラ検索してみよっと。