イベント情報☆東北の年末&お正月

iRyota25

公開:

1 なるほど
8,186 VIEW
0 コメント

今年の年末年始のイベント情報を、東北の被災地を中心にお届けします。情報や写真、掲載順も含めて随時更新していきますのでお楽しみに!

南三陸町・歌津伊里前福幸商店街の竹灯篭!

こちらは竜神様!

こちらは竜神様!

南三陸・歌津伊里前(いさとまえ)福幸商店街前で、幻想的かつ迫力満点の竹灯篭が灯されています。この竹灯篭は九州は福岡県大牟田の「三池光竹実行委員会」によるもの。九州の里山の文化を守るために製作された竹灯篭が、いまは歌津の復興を応援しているのです。
あたたかな灯は1月30日までともされます。

南三陸は海の幸の宝庫。とくに伊里前湾をふところに抱く歌津は、鮮魚はもちろんワカメや牡蠣などの養殖物も美味しい土地柄です。
古生代の魚竜ウタツサウルスが発見された館崎海岸や、夏には県外からの観光客をたくさん集めていた長須賀ビーチなど自然美にも恵まれています。
地元のお店が出店している伊里前商店街で、ショッピングやイベント、飾り気のないあたたかさに溢れる地元の人たちとのおしゃべりをお楽しみください。

 伊里前福幸商店街 | 南三陸町観光協会公式ホームページ
www.m-kankou.jp  

歌津伊里前福幸商店街

問い合わせ:TEL090-5831-9891(南三陸町観光協会 伊里前商店街事務所)

気仙沼クリスマスイルミネーションは1月31日まで!

気仙沼港で開催中のクリスマスイルミネーション。クリスマスもお正月も過ぎたけど、開催は1月末日まで。港を取り囲むイルミネーションに加えて、周辺の店舗やビル、ホテル等がそれぞれ工夫を凝らした華やかな灯りを点灯します。

一点集中ではなく、港をぐるりと巡るようにして様々なイルミネーションが共演するので、その魅力は写真ではなかなかお伝えしにくい(写真そのものの腕もダメダメですけどね)。

そして、この時期ならではの美しいシチュエーションは、イルミネーションと雪、そして漁船の競演!イルミが映る海に浮かぶ漁船のマストには色とりどりの大漁旗。それだけでも幻想的な夜の空から静かに舞い降りる雪。

最高の撮影ポイントとしては、高台にあるホテル観洋さんなどがありますが、イルミの撮影を狙うなら三脚とリモートレリーズをお忘れなく。でもね、雪とイルミとゆれる漁船。そんなシチュエーションなのにシャッタースピードとか絞りとか調整するのはちょっと無粋かも。ぼくは最高の光景は自分の瞳のカメラに焼き付けることにしました。(負け惜しみですが)

初詣は「金華山」で金運アップ!

古くから「3年続けて詣でれば一生お金に困ることはない」と言い伝えられてきた金華山。
震災で欠航していた定期船も再開されました。
新春の開運は金華山から。
金華山航路は、女川からの「潮(うしお)プランニング」さんと、牡鹿半島の鮎川からの「ドリーム」さんの2ルート。

潮プランニングさんでは、年末年始の期間中臨時増便ダイヤを予定しています。

 潮プランニング
www.ushio-planning.co.jp  

女川~金華山便。2年参り便も増便されるみたいです。元旦6:30出航の初日の出便は3便も!

 鮎川−金華山定期船 ドリーム
www.ishinomaki.info  

牡鹿半島鮎川から金華山への定期便。出発時刻についてはお問い合わせを!

しおがま・がんばっページェント☆

JR本塩釜駅、神社参道口前ロータリーに、華やかにに賑やかに、そしてムーディーな光のページェントが登場します!
仙台のページェントもいいけど、塩竈の「通」な感じはココならでは。

本塩釜駅前商店会を中心に「頑張ってるスタンプラリー」も同時開催。素敵なプレゼントを狙っちゃいましょう!

点灯時間は16:30~23:00
大晦日から1月3日までは、
なんと翌朝までの点灯です!

 しおがま・がんばっページェント☆ | 塩竈市観光物産協会
kankoubussan.shiogama.miyagi.jp  

しおがま蔵出し新酒まつり2013

塩竈の蔵元といえば…、日本酒好きにはたまらない「浦霞」と「阿部勘」。
2軒の蔵元がこのまつり限定に醸造した新酒を、お寿司と共に楽しむイベントです。
開催は市内の「みやぎ寿司海道」加盟13店舗。料理と一緒に限定新酒を注文すれば、特製グラス(箱付き)をプレゼント。

限定新酒も特製グラスも数量限定。完売したら終了です。
開催期間は2013年12月1日(日)~12月31日(火)。冬の休暇が待ち遠しい!

 しおがま蔵出し新酒まつり2013 | 塩竈市観光物産協会
kankoubussan.shiogama.miyagi.jp  

巨大な「輝く人」のライトアップ in 石巻・中瀬

「神戸ビエンナーレ2013」の神戸港・海上アートコンペティションで審査員特別賞を受賞した「輝く人」が、作家である伊藤嘉英さんの出身地、石巻で展示されています。先日点灯式も行われました!
「輝く人」は高さ8.9メートルの巨大な人物像。台座には石巻、神戸、東京の子どもたちが「ぼくの夢・わたしの夢」をテーマに描いた200枚の絵が貼られ、その顔は空と未来を見上げているのだ。

 アートプロジェクト・石巻 - 石巻市 - 地域団体 | Facebook
www.facebook.com  

石ノ森萬画館は年末年始もオープン!

「輝く人」が設置された中瀬といえば石ノ森萬画館。年末年始もオープン! 初詣での帰り道には萬画の世界を楽しみましょう。新年1月1日~2日は毎年恒例の正月イベントも開催されるますよ。(大晦日(12/31)のみ15:00閉館)

 石ノ森萬画館最新情報 MANGATTAN NEWS!: 年末年始の開館と正月イベント(1/1~2)についてごあんない
mangakan.weblogs.jp  

石ノ森萬画館

「輝く人」が展示されているのは萬画館のすぐ南側。復興マルシェは橋を渡った西側のお向かいですよ

石巻まちなか復興マルシェの「かきまつり」

今年もきました! 渡波オイスターズ石巻まちなか復興マルシェの「かきまつり」。
12月29日(日曜日)まで開催です。
蒸しかき、かき串、かきポン、殻かき…たまりません!
年明け1月3日には餅つきもありますよ!

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン