【速報!】高校野球・静岡県大会、東部1位の日大三島、西部1位の磐田東まさかの初戦敗退

doraemon

公開:

1 なるほど
1,831 VIEW
2 コメント

秋季大会静岡県3位、東海大会ベスト4。この春季大会も東部1位の日大三島が県大会初戦の今日、浜松商業(西部5位)に負けてしまいました。

日大三島 000 000 000 | 0
浜松商 001 000 00X | 1

試合は何か所かポイントがありましたが、大きなところでは2つです。

『とにかくランナーを3塁に』は野球の鉄則

両者0点で迎えた3回裏、浜松商の攻撃。
先頭の8番バッターがヒットで出塁、バントで送って1アウト2塁。
次のバッターはショートゴロで2アウト。ランナーは3塁に進みました。
ここで2番打者はセカンドゴロ。

誰もがチェンジかと思いました。
打球は二塁手の目の前でイレギュラー、ボールは外野へ転がり3塁ランナーは生還、浜商はラッキーな1点を先制します。
日大三島としてはアンラッキーというしかないでしょう。

野球ではランナーを3塁に置けとよく言われます。
なぜかというとホーム(得点)に一番近い3塁にランナーがいることで、2塁にランナーがいるときとは比べものにならないくらい点が入る可能性が高くなるからです。

ボーク、牽制球悪送球、ワイルドピッチにパスボール、エラー、ホームスチールだってあります。これが1アウトならさらに広がりスクイズや犠牲フライ、満塁なら押し出しもありとにかくランナー3塁はチャンスなんです。ピッチャーに与えるプレッシャーも断然違ってきます。

今回のケースでは2アウトだったのでランナー2塁でも点が入った可能性もないこともないのですが、確実に点を取るならやはりランナーは3塁です。

焦り、そして雑に見えた日大三島の攻撃

1点先制されたすぐの4回表、日大三島は2番からの攻撃。フラフラとあがったような打球は意外にも伸びて3塁打になります。
日大三島にとっては願ってもないチャンスがすぐに訪れました。

そして一番期待できる3番4番に打順が回ってきましたが、ここで連続三振。
5番の小澤くんもサードのファールフライに倒れてノーアウト3塁という絶好のチャンスで得点することができませんでした。

日大三島は何としても1点を取らなくてはいけない6回、先頭打者がエラーで出塁します。
バッターは2番。ここでも送らずに強行して三振。後続の3番4番はともにライトフライでチャンスを潰してしまいます。

日大三島は早打ちが目立ちました。完全に焦っているように見えました。
結局、最後まで浜商の大橋くんから点を取ることができませんでした。

浜商は初回の大きなピンチをしのいだのも大きかったと思います。
かなりのビッグプレイがありました。

エース小澤くんはスピードもあり多彩な変化球、そして考えて投げる点を取られないピッチャー。この試合も1点に抑えているのだから合格と言えるのではないでしょうか。

今年の東海大会は静岡県開催、日大三島の姿を見ることができないのは残念です。

日大三島は夏の大会ノーシードとなりました。

その他の試合速報

【浜松球場】
磐田東(西部1位) 1-7 東海大翔洋(中部4位)

【草薙球場】
静岡(推薦) 003 012 04 | 10
知徳(東部4位) 000 000 00 | 0
※8回コールド

【清水庵原球場】
常葉橘(中部2位)10-0 三島南(東部5位)
※5回コールド

■高校野球
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『高校野球』記事一覧 ⇒
 『高校野球』記事一覧 ⇒
potaru.com

過去の甲子園伝説の試合から最近のものまでいろいろ。地方大会は静岡県の大会を中心に書いています。

_______________________________________○野球なんでもNEWS!『かっとばせ!野球部!』 ~We Love 野球!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【トップページ】野球なんでもNEWS!『かっとばせ!野球部!』 ~We Love 野球! TOPへ ⇒
 【トップページ】野球なんでもNEWS!『かっとばせ!野球部!』 ~We Love 野球! TOPへ ⇒
potaru.com

野球のことを時には熱く、時にはぬる~く書いてます!

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • 5

    51mister

    加藤学園戦でも書かれていたように、日大三島もフライばっかり打っていました。浜商の2死3塁からのセカンドゴロは、確かにいい当たりでもありましたが、観戦している人は「チェンジ」と確信したと思います。転がしたからこそのイレギュラーバウンドが出ました。日大三島の直後の無死3塁は、3番、4番が大振りして三振、5番がファールフライです。浜商センターの判断ミスでもらった三塁打のチャンスを簡単につぶしました。浜商内野陣は同点を覚悟して、バックホーム体制を敷いていませんでした。セカンドゴロ、ショートゴロでも1点入った場面でした。6回も無死1塁でエンドランを仕掛けましたが、ファール(しかもフライ)。ゴロを打つべき時にゴロを打つということができていません。愛鷹球場はライトからホーム、センターからホームへ向かって強い風が吹いていました。地元の球場(ほとんどホームグラウンド)の特徴を地元チームが利を生かせず負けましたね。浜商は徹底して転がしてきました。フライにイレギュラーなし!

    • D

      doraemon

      まったく同感です!日大三島は早打ちでポンポンとフライを打ち上げていました。前日も完投している浜商の大橋くんをかなり楽にしてしまいました。東部大会も打線は好調だっただけに、このまま終わることはないかなと思ってみていたのですが、、、やはりとにかく転がさなくてはいけないということですね。