【遺構と記憶】田老の防潮堤、1年という時間

iRyota25

公開:

2 なるほど
1,807 VIEW
0 コメント

問題:どっちがどっち?

田老の防潮堤に1年ぶりに登った。下の2枚の写真のどちらが新しいか分かりますか?

てっぺんばかりではない。防潮堤の周辺は時間経過を感じられない光景ばかり。知らないうちにタイムマシンに乗っていたのかなんて思ってしまうほど。

船の位置までほぼ同じ。外された鉄扉が置かれた場所も変化なし。

立ち位置が少し違うけど遠くの町並みも変わることなく。

最も激しく壊された野原地区の防潮堤。通路だけのブロックに鉄扉が残る。

ちょっと角度が違うが、同じく野原地区の防潮堤。

被災地では復興が進んでいるという間違ったイメージは捨てなければならない。もちろん変化はあるだろう。しかし、必ずしもいい方向への変化ばかりではない。時間の経過とともに追いつめられていくという状況もたくさんあるそうだ。

【参考ページ】絶品!どんこ唐揚げ丼を食した後に聞いたこと
 【参考ページ】絶品!どんこ唐揚げ丼を食した後に聞いたこと
potaru.com

ドンコ丼の味わいは2週間たった今でもリアルに思い浮かべることができる。ロングロングサスティーン。この味わいを体験できなくなることなんかあってほしくない。

解答:これは難問でしたね

「間違いさがし」に使えるくらいそっくりそのままの防潮堤の上。2013年の年末に撮影したのは上の写真。下は2012年10月のもの。

見分けるポイントはただひとつ。写真の奥に見えている防潮堤(X型の防潮堤の内側にあたり、最初に建設されたもの)のてっぺんに、砦のような突起があるかないかだけ。

上の写真では突起部分が撤去されている。堤防のてっぺんの一部を破壊して、パラペットと呼ばれる手すり壁をかさ上げする工事が進められているのだ。

手すり壁増設工事が始まった田老の堤防。角を削り取って壁を追加するらしい。左のL型金物は工事用足場のフレーム
手すり壁増設工事が始まった田老の堤防。角を削り取って壁を追加するらしい。左のL型金物は工事用足場のフレーム

最も古い防潮堤は津波に越えられはしたものの、ほぼ原形を留めている。それをわざわざ斫って(はつる:削り取る。土木現場ではコンクリートや石材を穿つ意味で使う場合もある)、差筋(さしきん:既存のコンクリートに穴をあけ鉄筋を差し込むこと。もちろん最初から鉄筋コンクリートとして造るものよりはるかに強度は劣る)で本体とつなぐ形で小さな壁状の構造物を追加するわけだ。工事を見守る地元の人たちの間にも不安視する声がある。

 田老「第一防潮堤」の今(12=その後) - 宮古on Web「宮古伝言板」後のコーケやんブログ
blog.goo.ne.jp  

ささやかでもいいから、未来につながる明るい兆しを見つけたい。田老の防潮堤にのぼって切実に思った。

田老でまなぶ「学ぶ防災」

田老の町の国道沿いに「学ぶ防災」と記されたのぼりが立てられている。

まなぶ防災は、震災で甚大な被害を出してしまった田老地区の現状を、防潮堤やたろう観光ホテルを訪ねて学ぶミニツアー。宮古にお越しの際はぜひご参加を!

 防災ガイド・・田老地区の3.11を語り継ぐ その18 | 宮古旅手帳
www.kankou385.jp  

社団法人 宮古観光協会が運営する「宮古旅手帳」の「学ぶ防災」ページ。

 「学ぶ防災」の概要(PDFファイル)
www.kankou385.jp  
震災遺構として残されることになった「たろう観光ホテル」
震災遺構として残されることになった「たろう観光ホテル」

関連ページ

【ぽたるページ】東日本大震災・復興支援リポート 被災地・田老への小さな旅(1)
 【ぽたるページ】東日本大震災・復興支援リポート 被災地・田老への小さな旅(1)
potaru.com

それでも駅が再開したのは震災直後の2011年3月20日。三陸鉄道北リアス線の宮古~田老間で運転が再開されたのです。

【ぽたるページ】東日本大震災・復興支援リポート 被災地・田老への小さな旅(2)
 【ぽたるページ】東日本大震災・復興支援リポート 被災地・田老への小さな旅(2)
potaru.com

津波への対策として半世紀もの時間をかけて築かれたのが「万里の長城」の別名がある総延長2433メートルの防潮堤です。

【ぽたるページ】東日本大震災・復興支援リポート 被災地・田老への小さな旅(3)
 【ぽたるページ】東日本大震災・復興支援リポート 被災地・田老への小さな旅(3)
potaru.com

美味しいドンコ丼やワカメラーメンを食べに、たろちゃんハウスまでぜひ来てほしい。

写真と文●井上良太

 ▲「復興支援ベース」に戻る
potaru.com

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン