がんばろう!レイテ島の看板

iRyota25

公開:

4 なるほど
2,688 VIEW
0 コメント

医療支援のためフィリピンのレイテ島に渡った友人から、Facebookの手紙を受け取った。日本ではまるで津波のような高潮被害のイメージが大きいが、彼が向かったのは山の中。巨大台風そのものによる被害が酷いのだそうだ。

メッセージに添えらた写真の中にこんな一枚があった。
それは工事用の足場のようなものに掲げられたメッセージ。

Roofless Homeless
But Not HOPE less
Bangon ORMOC!

Bangon は現地の言葉で「立ち上がれ」という意味だ。ORMOCはこの看板が掲げられている町の名前。

屋根もない。家もない。
だけど、希望はある。
立ち上がれ!オルモック

がんばろう!石巻の看板が立てられた時の話を思い出した。

――町の人がみんな下を向いて歩いているように思えた。自分自身もそうだったかもしれない。だから町の人たちからよく見える場所に、みんなを勇気づける言葉を掲げようと思った。自分自身を奮い立たせるためにも。

「震災から数日後、落ち込んでいた仲間としゃべっていて、その時は自分も一緒に落ち込んでいたんですけど、『いや違うべ、がんばっぺ』ってその人に言ってしまったんですよ。

その時、待てよと思ったんです。俺もさっき同じように落ち込んでたのに、がんぱっぺって言ってんな。ああ、これは頑張んなきゃいけないってことなんだなって思って、そん時にがんばる決意をしたんです」

【ぽたるページ】「がんばろう!石巻」に込められた思い

レイテ島の青い空の下でも、同じような出来事があったに違いない。

目頭が熱くなる。

いま、レイテに渡っているのはロシナンテスの大嶋一馬さん。ぼくの友だちだ。
震災直後、名取市閖上で八面六臂のはたらきをした彼の活躍を祈りたい。
大嶋さんを通してフィリピンの人たちを応援したい。

大嶋 一馬さん | Facebook
 大嶋 一馬さん | Facebook
www.facebook.com  

特定非営利活動法人ロシナンテス東北事業部長、大嶋一馬さんのFacebook。

NPO ROCINANTES / 特定非営利活動法人ロシナンテス
 NPO ROCINANTES / 特定非営利活動法人ロシナンテス
www.rocinantes.org  

ひとりはみんなの為に  みんなはひとりの為に
スーダンで東北で活動する特定非営利活動法人ロシナンテスのページ

 【ぽたるページ】ロシナンテスな日々
potaru.com
 【がんばろう!石巻の会】ホーム - gannbarouishinomaki ページ!
gannbarouishinomaki.jimdo.com  
 【ぽたるページ】「がんばろう!石巻」に込められた思い
potaru.com
 ▲「復興支援ベース」に戻る
potaru.com

●TEXT:井上良太

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン