明日を目指すお店リポート「雄勝硯の伝統継承を応援しよう!」

iRyota25

公開:

3 なるほど
1,824 VIEW
1 コメント

雄勝石(玄昌石)を使った食器が人気です!

600年の伝統を誇り、世界的にも評価の高い雄勝硯。震災前には国内生産の約9割を占める産地でした。伝統工芸品として指定されているのみならず、グッドデザイン賞受賞歴もある雄勝硯の漆黒の風合いが、食器としても人気を集めています。

東日本大震災で工房が壊滅的な被害を受けた雄勝では、伝統の硯産業の復活を目指して、新たな商品開発が進められています。そのひとつが「食器」。原石の特徴を見立てて、石の表情を生かした製品加工を行う上では、伝統の硯生産技術が傾注されています。

天然石の風合いと、深い黒が料理の彩りを際立たせる一品です。

食器なら、書道をしない方でも、ショッピングを通して「雄勝硯の伝統継承」を支援できますね。

 詳しくは、雄勝の玄昌石皿(雄勝硯生産販売協同組合)のページをご覧ください。
www.ogatsu.miyagi-fsci.or.jp  

商品は、石巻市雄勝町の仮設商店街「雄勝店こ屋街(おがつたなこやがい)」の雄勝硯生産販売協同組合でも展示販売されています。

住所:石巻市雄勝町雄勝字伊勢畑84-1電話:0225-57-2632

 雄勝硯 生産販売協同組合
ogatsu-suzuri.jp  

雄勝硯生産販売協同組合のある店こ屋街に行けば、商店街のマスコット、復興ネコの「たま」ちゃんにも会えますよ~。

一部の商品は石巻市立町商店街のカフェYUUGENやシーパルピア女川の今野梱包(ダンボルギーニが展示されているショップ)ほか、石巻・女川エリアの数多くのお店で取り扱われています。

 ▲「復興支援ベース」に戻る
potaru.com

●TEXT+PHOTO:井上良太(株式会社ジェーピーツーワン)

最終更新:

コメント(1

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • H

    habihabi64

    たまさん、めちゃかわゆいです!すずりの花器が素敵なので購入して野花を飾りたいです。