オクラ(赤) - えっ、赤いオクラ!?生食するなら加熱に注意! 【変わった野菜】

ockn1006vegefru

公開:

4 なるほど
4,692 VIEW
2 コメント

目に優しいアントシアニン含有!

 赤いオクラをご存知でしょうか。「えっ、オクラって緑でしょ?」

なーんて方もいらっしゃるかと思います。今回は赤いオクラについて。 スーパーではまず見かけませんが、赤いオクラってのが存在します。僕自身、見かけないぶん、珍しい存在だと思っていたんですが、農家さんなど、作る側からすれば品種が違うだけで、たいして珍しくも無いご様子。『レッドサン』『ペニー』などといった品種で種も売られていたりするようです。

 さて、この赤の正体ですが、これはアントシアニンというもの。ブルーベリーや茄子など、赤色や紫色の野菜に含まれる「目に良い」ことで知られる栄養成分です。そうです。緑色が定番のオクラですが、品種によってはアントシアニンを含んだ赤色のオクラも存在するんです。同様の野菜だと赤キャベツや赤たまねぎなんかがありますね。 このアントシアニン、我々人間の目の網膜にあるロドプシンという色素に働きかけます。ロドプシンは光にあたるとビタミンAに分解されていくのですが、長時間目を使い続けることによって、ロドプシンは減少していくのです。もちろん、目を休めることでロドプシンは再合成されますが、酷使が続くようでは目が疲れていくのはある意味当然でしょう。そのロドプシンに再合成を促す働きを持つのがアントシアニンなんですね。

 つまり、従来のオクラに眼精疲労回復効果を持つアントシアニンが加えられたもの、それが赤いオクラなのです!素晴らしいですねぇ。食べてみるとわかりますが、色は違えど味は全く一緒。色が違うからと言って苦いとか不味いということはありません。  

(こちらは緑のオクラ・・・。赤い品種は葉も茎も赤みがかっています。)

3つのポイント

1.アントシアニンを活かすためには「生」!

さて、こいつを美味しく食べるには、赤いオクラの欠点を知らなければなりません。そしてその欠点が、赤い色の素であるアントシアニンにあります。

その欠点とは熱に弱いこと。強い光や高い熱にさらされることで、アントシアニンは一気に減少、崩壊してしまうのです。それを如実に示すのが、赤いオクラを茹でたとき。ある意味見ていると面白いです。熱湯にさらすことで、さっきまであんなに赤かったはずのオクラが瞬く間に緑色に変色してしまいます。従来の緑のオクラと見紛うほど、普通の緑色になってしまうのです。

一方で、「アントシアニンは酸性と糖と結びつくことで安定する」ことも研究から分かっています。例えばブルーベリージャムなどは、加熱調理しているが、レモン汁の酸性や砂糖の糖分と結びつくため、アントシアニンの量は生とほとんど変わらない・・・フクザツですね!!

従って、赤いオクラのアントシアニンを逃さないようにするためには、「生」で食べるのが一番!!  

2.味を楽しむならやはり「生」!!

「生」で食べることを推奨するからには、やはり鮮度の良いうちに食べるに越したことはありません。そして、一度採れたてを「生」で食べてみてください。特に鮮度の良いうちは風味も違います。さらに、とれたてのオクラは歯ごたえの良さも格別です。多少力を加えると、曲がらずにぽきっと折れてしまうほど!醤油にちょっと付けるだけで十分美味しいですよっ!スーパーなどに並ぶオクラは幾度もの流通過程を経てスーパーに並ぶため、新鮮とはやや言い難いのが実情です。ですが、農家から直送の野菜が並ぶ「道の駅」や、地場野菜を扱ったスーパーでは、緑のオクラと併せてお遊びで(?)赤いオクラを作っている農家も結構見かけます!

オクラと言えば高温を好む植物ゆえ、国内にて安定的に生産しているのは、南国の宮崎や鹿児島あたりが主です。フィリピン産やタイ産などの輸入も多く、どうしても南国のイメージがありますが、実はきちんと管理をすれば北海道でも育ちます。そのため、全国どこでも、産直野菜が置かれるお店では、地場産オクラを購入できるかも知れません。作るかどうかは農家さんの気分しだいですが・・・

3.彩りを活かすならば結局は「生」!!!

さぁ、ここでおさらいです。もうおわかりでしょうが、変色を防ぐためにも「生」が一番です。緑のオクラに赤いオクラを混ぜると彩りも華やかになります。赤たまねぎも、赤キャベツもサラダの彩りに一役買うように、赤オクラも上手く使ってアクセントに!美味しいオクラはうぶ毛が目立ちます。気になるようでしたら塩をまぶしてこすると綺麗にとれます。

もし、衛生的に気になるようであれば、サッと湯がく程度に熱を通す。それでもアントシアニンは破壊されるので注意。  

かんたんレシピ

まるかじり

採れたては十分に水洗いしてそのまま丸かじり!お勧めは塩か、しょうゆ(お好みで唐辛子入りに)。

刻んで乗せて・・・

従来のオクラと同じく、刻んで冷奴に乗せたり、サラダに足したり・・・。「山形のだし」なんかにしても美味しいですねー!

 【変わった野菜】記事一覧
potaru.com

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • H

    habihabi64

    赤いオクラがあるとは。。知りませんでした!食べてみたいです。
    お祭りで、オクラ(普通の緑色のオクラ)を茹でたまま売っていて、それをマヨネーズつけて丸かじりで食べましたが、新鮮だしめちゃうまでしたよ。ついおかわりしました。味噌をつけて丸かじりもうまい。新鮮な野菜たちって素材のおいしさだけで、十分豪華な一品になりますね。

    • O

      ockn1006vegefru

      本当に、それ単体で美味しいから、基本的にどんな調味料も合いますね!野菜は面白いです・・・。
      どこの島だったか、カンパチの切り身にオクラとかトマトとかを刻んで添えたカルパッチョを出されたことがあって、すごく美味しかったのを覚えています・・・。
      あぁいうのが作れる人になりたいですね~!笑