2016年4月8日 今日の東電プレスリリース

fnp1monitor

公開:

0 なるほど
4,471 VIEW
0 コメント

【重要】汚染滞留水の移送、制限水位を10センチも上回ってようやく気付くズサンさ

4月8日(金曜日)に公開された「福島第一原子力発電所の状況について(日報)」。前日からの変化や変更点から、事故原発がおかれている状況を考えます。

「日報」に登場する主な施設(Google Mapに加筆)
「日報」に登場する主な施設(Google Mapに加筆)
 福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日
www.tepco.co.jp  
【まとめ】今日の東電プレスリリース「ここがポイント」
 【まとめ】今日の東電プレスリリース「ここがポイント」
potaru.com

※ 情報を追加して更新します

滞留水管理ができていないことを露呈。雑固体廃棄物減容処理建屋の滞留水水位が制限水位を超える。原因は杜撰な滞留水移送計画

4月8日午前7時の滞留水水位データを確認していたところ、雑固体廃棄物減容処理(以下、HTI)建屋の滞留水水位が2,861㎜に上昇していることが確認されたため、午前7時50分に実施計画III第1編第26条「建屋に貯留する滞留水」の表26-1で定める雑固体廃棄物減容処理建屋の滞留水水位の運転上の制限「T.P.2,754㎜以下」を満足できていないと判断。

なお、7時時点の当該建屋と周辺サブドレンの水位を比較したところ、周辺サブドレンの水位の方が高く、当該建屋水位補正後の水位差が3,909㎜あることを確認した。

7時59分に第二セシウム吸着装置を起動し、当該建屋の滞留水水位低下操作を開始した。

8時40分に雑固体廃棄物減容処理建屋の滞留水水位が低下傾向にあることを確認した。

高温焼却炉建屋の滞留水水位は、第二セシウム吸着装置の起動により、午後2時現在で「T.P.2,662mm」まで低下した。その後も低下が継続していることから、実施計画III第1編第26条「建屋に貯留する滞留水」の表26-1で定める高温焼却炉建屋の滞留水水位の運転上の制限「T.P.2,754mm以下」を満足していることを確認した。このため、午後2時30分に実施計画III第1編第26条に定める運転上の制限内への復帰を判断した。

なお、各建屋から高温焼却炉建屋への滞留水移送を停止したところ、高温焼却炉建屋の水位上昇が止まったことから、あらかじめ計画された各建屋から高温焼却炉建屋への滞留水移送によって滞留水水位が上昇したものと判断した。

各建屋から高温焼却炉建屋への滞留水移送計画が、高温焼却炉建屋の滞留水を処理する第二セシウム吸着装置の運転継続を前提として作成されていたが、第二セシウム吸着装置は、制御系点検後の試運転中であり、昨日の各建屋からの滞留水移送を開始した時点では、第二セシウム吸着装置が停止していたことから、高温焼却炉建屋の滞留水水位が計画以上に上昇したものと推定している。

福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日

雑固体廃棄物減容処理(HTI)建屋(Google Mapに加筆)
雑固体廃棄物減容処理(HTI)建屋(Google Mapに加筆)

【整理】滞留水水位の運転上の制限「T.P.2,754mm以下」を超える「2,861mm」であることを確認。制限水位よりも「107mm」も超過しての対応とは驚くばかり。

建屋地下の滞留水の水位が上昇し、建屋周辺の地下水位より高くなると、建屋内の高濃度滞留水が地下水に漏れ出してしまうため、滞留水の水位は厳しく管理されているはずだった。(地下水位の方が高かったのは不幸中の幸い)

原因は滞留水移送計画のミス。しかも極めて初歩的なミスだ。建屋内の滞留水を第二セシウム吸着装置(サリー)で処理して減らしながら、1~4号機各建屋からの滞留水を移送するはずが、サリーが運転停止していたため水があふれるように水位上昇したのだという。

そもそも、アウトプット側を止めた状態で水を注げば水位が上がるなど、保育園のこどもでも分かることだ。

滞留水移送は現在自動化されているが、計画そのものが杜撰なものであれば、安全を確保するのは困難と言わざるをえない。有能な社員が揃っている東京電力で、このような考えられないミスが起きるとは、何か極めて重大な背景があるのかもしれない。

高温焼却炉建屋の建屋滞留水水位の運転上の制限の逸脱について|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日
高温焼却炉建屋の建屋滞留水水位の運転上の制限の逸脱について|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日
 高温焼却炉建屋の建屋滞留水水位の運転上の制限の逸脱について|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日
www.tepco.co.jp  

1~6号機

◎日報に新規事項の記載なし

◆1号機
・復水貯蔵タンク(CST)を水源とする淡水を原子炉へ注水中
・原子炉および原子炉格納容器へ窒素封入中
・原子炉格納容器ガス管理システム運転中
・使用済燃料プール循環冷却系停止中
・1号機ディーゼル発電機(B)室、1号機所内ボイラー室の滞留水を1号機タービン建屋地下へ断続的に移送実施中
・1号機原子炉建屋地下から集中廃棄物処理施設(高温焼却炉建屋)へ高濃度滞留水を移送中

◆2号機
・復水貯蔵タンク(CST)を水源とする淡水を原子炉へ注水中
・原子炉および原子炉格納容器へ窒素封入中
・原子炉格納容器ガス管理システム運転中
・使用済燃料プール循環冷却系運転中
・増設廃棄物地下貯蔵設備建屋の廃樹脂貯蔵タンクエリア、廃スラッジ貯蔵タンクエリアの滞留水を、2号機廃棄物処理建屋へ断続的に移送実施中
・2号機タービン建屋地下から集中廃棄物処理施設へ高濃度滞留水を断続的に移送実施中

◆3号機
・復水貯蔵タンク(CST)を水源とする淡水を原子炉へ注水中
・原子炉および原子炉格納容器へ窒素封入中
・原子炉格納容器ガス管理システム運転中
・使用済燃料プール循環冷却系運転中
・増設廃棄物地下貯蔵設備建屋の廃樹脂貯蔵タンクエリア、廃スラッジ貯蔵タンクエリアの滞留水を、3号機廃棄物処理建屋へ断続的に移送実施中
・FSTR建屋から3号機廃棄物処理建屋の滞留水移送については断続的に移送実施中
・3号機タービン建屋地下から集中廃棄物処理施設へ高濃度滞留水を断続的に移送実施中

◆4号機
・原子炉内に燃料なし
・2014年12月22日、使用済燃料プールに保管されていた全ての燃料の移動作業が終了

◆5号機
・冷温停止中(燃料は全て使用済燃料プールに保管中)
・使用済燃料プール冷却浄化系運転中

◆6号機
・冷温停止中(燃料は全て使用済燃料プールに保管中)
・使用済燃料プール冷却浄化系運転中

共用プール

◎日報に新規事項の記載なし

・使用済燃料プール冷却浄化系運転中
・共用プール低電導度廃液受タンク水について、同タンクから集中廃棄物処理施設(高温焼却炉建屋)へ適宜移送を実施

水処理設備および貯蔵設備の状況 第二セシウム吸着装置を「運転中」

・第二セシウム吸着装置(サリー)運転中

福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日

その他の項目に新規事項の記載なし

・セシウム吸着装置運転中
・RO淡水化装置運転中
・多核種除去設備(ALPS)停止中
・増設多核種除去設備停止中
・高性能多核種除去設備停止中
・モバイル型ストロンチウム除去装置停止中
・第二モバイル型ストロンチウム除去装置停止中

サブドレン・地下水ドレン 一時貯水タンクEから海洋排水を実施。排出量は721トン

※サブドレン他水処理施設について、一時貯水タンクEの分析結果[採取日3月31日]について、運用目標値を満足していることを確認。4月7日午前9時50分より港湾内への排水を開始。なお、排水状況については、同日午前10時に漏えい等の異常がないことを確認。(既出)

その後、午後2時46分に排水を停止。排水停止状態に異常がないことを確認。排水量は721m3。

福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日

サブドレン・地下水ドレン 一時貯水タンクFから海洋排水を実施。排出量は665トン

※サブドレン他水処理施設について、一時貯水タンクFの分析結果[採取日4月1日]について、運用目標値を満足していることを確認。4月8日午前10時3分より港湾内への排水を開始。なお、排水状況については、同日午前10時22分に漏えい等の異常がないことを確認。(既出)

その後、午後2時36分に排水を停止。排水停止状態に異常がないことを確認。排水量は665m3。

福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日

サブドレン・地下水ドレン 一時貯水タンクGからの排水準備が進む

※サブドレン他水処理施設について、一時貯水タンクGの分析結果[採取日4月4日]について、運用目標値を満足していることを確認。

福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社 2016年4月8日

※ 一時貯水タンクは浄化後のサブドレン・地下水ドレン水を海洋排出前に一時貯水するもので「サンプルタンク」とも呼ばれる。

中央の建物がサブドレン他浄化設備。左のタンクが1基1000トン容量の一時貯水タンク(左上から下にA、B、C、D…の順で右下の1基は別用途:RO濃縮水処理設備)(Google Mapより)
中央の建物がサブドレン他浄化設備。左のタンクが1基1000トン容量の一時貯水タンク(左上から下にA、B、C、D…の順で右下の1基は別用途:RO濃縮水処理設備)(Google Mapより)
 福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水の分析結果|東京電力ホールディングス 平成28年4月8日(1ページ目)
www.tepco.co.jp  

サブドレン・地下水ドレン 集水タンクの分析結果(4月1日採取分)※トリチウム濃度が1,100Bq/Lに上昇

なぜか海の近くに設置さた集水タンク。タンク下部には目隠し(Google Mapより)
なぜか海の近くに設置さた集水タンク。タンク下部には目隠し(Google Mapより)

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン