宝くじを当てる方角

monomoney

公開:

2 なるほど
1,178 VIEW
0 コメント

年末ですね。年末ジャンボは買いましたか?どこで買いましたか?

実は宝くじで高額当せん経験が2回あります。1回目は「年末ジャンボで100万円」。2回目はその3年後ぐらいに「ロト6で3等・約55万円」です。本当です。

当せん金が5万円を超えると売り場の窓口では換金してもらえないので、みずほ銀行へ行きます。別室(だったか小さなブースだったか…忘れました)に案内されて「氏名・年齢・どこで・いくら買った」みたいなアンケートを書きます。これが「高額当せん者に多いイニシャルは○○だ」とかの資料になるわけですね。

現金でもらいました

テレビで見たことがある「高額当せん者の心得」みたいな冊子はもらえませんでした。あれは1,000万円とか「人生が変わっちゃうほどの金額」を手にした人だけ。そのレベルだと当せん金は当日にはもらえず、10日ぐらいかかるそうです。

「みずほ銀行の口座開設を勧められる」こともありませんでした。これも超高額の当せん者だけみたいです。ただ、口座を作らないと一時的にせよ多額の現金を持ち歩くことになるので、安全のためにも作った方がいいでしょうね。

わたしは2回とも現金でもらいました。たまたま自分のメインバンクがみずほ銀行と道路を挟んで反対側にあったので、信号が変わる直前までみずほ銀行の中にいて、信号が変わったらメインバンクのATMまで超走っていって超入金!心臓がノドから出てきそうでした。

そのお金を何に使ったというと、1回目の100万円はクルマの頭金。2回目の55万円はダラダラ使って飲み代とかに消えた感じです。

どっちも今になってみると「つまらない使い方だったなあ」と後悔しています。これぐらいの金額だったらやっぱり海外旅行などキラキラした思い出が残るような使い道をお勧めします。

さて、本題はここからです。

写真のために久々に買いました
写真のために久々に買いました

GO!GO!WEST!

年末ジャンボもロト6も購入したのは同じタバコ屋さんでした。ある時、当時まだ珍しかった地図ソフトを見ながらふと「タバコ屋さんと自分の家の位置関係を調べてみよう」と思いつきました。「運と方角には関係がある」という話を聞いたことがあるからです。

すると、直線距離にして3.4キロほどのタバコ屋さんは、自宅から見て「真西だった」ことがわかりました。

それも「西の方」という甘いレベルではなく「緯度がほぼ一緒(誤差10メートル以内)」の「ガチの真西」だったのです。

当せん一直線

ただし、わたしは1回目の当せんと2回目の当せんの間に引っ越しています。2回目の当せん時に住んでいた「新・実家」から見てタバコ屋さんがガチの真西にあることはわかりましたが、1回目の当せん時に住んでいた「旧・実家」はどうなんだろう?

ということで引き続き地図ソフトをグリグリしていきます。タバコ屋さんまでは旧・実家の方が遠くて、直線距離は6.5キロです。

すると、なんということでしょう…旧・実家とタバコ屋さんも緯度はほぼ同じ。こちらも誤差10メートル以内で「ガチの真西」だったのです。

つまり「旧・実家」と「新・実家」と「タバコ屋さん」を結ぶと「正確に東西を走る一直線」なのです。「家から見て真西の店で買ったから当たった」「金運は東西を帯状に走っている」…そう思いたくなる事実です。

そのあとも毎週5口買い続けていたロト6で、末等の1,000円はしょっちゅう、10,000円ぐらいの額もちょこちょこ当たっていました。わたしは1,000円当たっても「ショボいぜ」と思っていたのですが、まわりに言わせると「1,000円だってそんなに当たらないよ!」とのこと。やはり当時はかなり強い金運を持っていたようです。

でら遠いでかんわ

「当時は」と書いたのは「その後まったく当たらなくなった」からです。原因として考えられるのは…そう、「引っ越したから」です。結婚して引っ越してから、宝くじもロトもぜんぜん当たらなくなってしまいました。

わたしが2回高額当せんした過去を知っている嫁さんにとっては当然面白い話ではありません。「また当ててよ」と真顔で言ってくるので、そのためにできることは…わかりますね、「新居からガチの真西にある売り場を探すこと」です。

ひたすら宝くじ売り場を検索して地図で確認(ショッピングモール内とかだと具体的な位置がわからないのが難点)を繰り返し、クルマで30分ぐらいかかるところに1軒見つけました。しかし緯度の誤差が50メートル以上。ちょっと効力が弱いかも(とりあえずロト6を1回買ってみましたが当たりませんでした)…。

で、もっと西へ行ったら駿河湾に入りました。さらに進んで再上陸してもすぐに山が続いて、次に突き当たる大きな町はお隣愛知県の豊田、そして名古屋だがね…。ということで、宝くじやロト自体をだんだん買わなくなっていきました。

さらにガチの真西へ進むと中国の西安あたりからインド、パキスタンです。まるで西遊記
さらにガチの真西へ進むと中国の西安あたりからインド、パキスタンです。まるで西遊記

風水で「家の西に黄色いものを置くと金運が上がる」というのを聞いたことはあっても、「宝くじは家から真西にある店で買え」というのは聞いたことがありません。でもわたしがそれで2回も高額当せんしたことは事実です。

わたしにとって「たまたま真西がいい」だけで、あなたにとってどっちの方角がいいのかはわかりません。でも、スマホが普及した今は位置情報が簡単にわかりますから、どの方角へ動いてどんなことをすれば宝くじが当たるのか、あなたにとって最良の「金運と方角の法則」が見つかるかも知れませんよ!

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン