いわきの魚「メヒカリ」ほくほくの白身魚

iRyota25

公開:

4 なるほど
1,255 VIEW
2 コメント

JRいわき駅前交番の壁に、にょろっとした魚のようなキャラが。拡大するとご覧の通り。ちょっとユーモラスで可愛いこのお魚は「メヒカリ」。いわき市の魚として市民に親しまれているのです。

メヒカリの正式名称はアオメエソ。その名の通り大きくて青く光る目玉が特徴のお魚です。いわきの魚に選ばれていますが、東北地方はもちろんのこと、全国各地の底引き漁で水揚げされる底物の魚です。伊豆ではとろぼっちとも呼ばれます。

昔から底引き網で獲れていた魚ですが、2001年10月にいわき市の魚に指定された頃から注目を集めるようになって、一時はキロ当たり1,000円の高値を付けることもあったそうですよ。

いわき駅前「赤ひょうたん」さんのメヒカリ
いわき駅前「赤ひょうたん」さんのメヒカリ

柔らかい白身の魚で、唐揚げやてんぷら塩焼きのほか、新鮮な物なら刺身になるのだとか。いわき駅前の居酒屋でメヒカリの素揚げを食べてみましたが、小ぶりながらも身がほくほくとしていて、ほのかに脂も乗っていておいしゅうございました。

機会があればぜひ、いわきの味を地元でお楽しみください。

 いわき市の魚・めひかり|いわき市
www.city.iwaki.fukushima.jp  

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • I

    iRyota25

    魚類図鑑によると深海魚のメッカ沼津や伊豆の方では「とろぼっち」とも言うところもあるそうですね。な~んとなく白身のほくほくした感じがするいいネーミングだと思います。

  • N

    nezumisenpai

    このめひかり、駿河湾でもとれるらしく三島のげんむすびというお弁当屋さんの日替わりのお弁当のおかずとして登場します。
    軽めの衣でからっと揚げためひかりの天ぷらは外はふわふわ中はぷりぷりものすごくおいしいのでぜひおためしを!
    もちろんお酒のおつまみにもおススメです。