『マイカー自粛警察』活動を開始します。

hanajiro628

公開:

0 なるほど
421 VIEW
1 コメント

今般の新型コロナウィルス(COVID-19)の流行においては、自主的もしくわ勤務先企業や団体からの要請で”マイカー通勤”に切り替える方が首都圏を中心に発生しました。一般的には「三密を避けられる移動手段として」ということが主だった理由ですが、私は非常に遺憾に思います。この考えは大きな間違いであります。三密を避けられるのは1名乗車の時のみで、窓を開けていても取り込まれる風の方向などで2名以上だと明らかに感染拡大を推進させます。また、最近鉄道事業者や路線バス事業者では「抗菌・抗ウィルス加工(たしか効果が約2年間持続)」を施す事業者が多くを占めています。一方でマイカー(自家用自動車)に関してはそういった考えはないはずで、新型コロナウィルス菌の温床となっているのは確実です。

今後の活動としましては、A4かA3用紙にコンビニのマルチコピー機で印刷した警告文書を,100円均一店などで販売されている”カラー封筒”(定形郵便型)に封入し、特に主要駅でない(通過駅のある優等種別が停まらない駅やバス停留所)場所の前の一般宅や企業(敷地内に入ることなくポスト投函できる状況のみに限る)へ投書することに決めました。開始時期はこの記事の投稿後に編集した日の翌日からになります(11日編集)。

この「マイカー自粛警察」活動にご賛同頂ける方はバックアップして頂ければ幸いです。フリーターの身ですのでお金はかけられない為、皆様のご賛同の意見が力となります。どうかよろしくお願い申し上げます。

最終更新:

コメント(1

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • M

    monomoney

    こんにちは。
    人のクルマのワイパーに紙などを挟むことは、クルマの所有者以外が駐車場に立ち入り、クルマに触ることも含めて、迷惑行為になると思うのでやめた方がいいと思います。
    ともあれ、生産活動や日常生活を維持しながら密を避けるにはどうしたらいいかという課題は常につきまといますから、何か別の方法で「通勤と感染拡大防止」についてみんなが改めて考えるきっかけ作りができるといいですね。わたしも身近なところから考えていこうと思います。